福井市文化会館解体の様子① 2023.11

2021年3月31日に閉館した福井市文化会館の解体が行われています。ここでは解体工事の概要と2023年11月現在の様子を紹介します。

福井市文化会館とは

概要

福井市文化会館は、明治100年・福井市制80年・震災20周年及び第23回国民体育大会の開催を記念して1968年4月に建設されました。著名な演奏家のコンサート会場として、また、連合音楽会や学校祭等、各種発表の場として多くの市民に親しまれていましたが、開館から半世紀が経過、耐震性能の不足や施設本体・設備の老朽化が著しい状態であり、施設の再整備が必要となったことから2021年3月31日に閉館しました。

施設概要

所在地   福井市春山2丁目7-1
敷地面積  2,600平方メートル
建築面積  1,974.21平方メートル
延床面積  5,439.13平方メートル
構造    鉄骨鉄筋コンクリート造、地上4階・地下1階
ホール   1,162席、楽屋2室
応接室   3室
会議室   5室
開館時間  午前9時~午後10時

地図

 

現在の様子

2023年11月12日の様子です。閉館から2年が経過してから解体作業が始まりました。

西側(芦原街道側)

南西角、文化会館反対側の芦原街道歩道からです。

 

 

 

分解会館の南西角にきました。芦原街道の歩道に仮囲いの設置が進められています。

 

 

文化会館のメイン入口です。

 

北西角、旧福祉会館跡地に整備された駐車場のフェンスに工事看板が設置されています。工期は2025年7月11日までと1年半あります。

 

駐車場の一部が工事ヤードになっています。

 

剪定された街路樹が置かれています。

 

 

北側

北側です。

 

東側

北東角です。東側の道路沿いにはすでに仮囲いが設置済です。

 

 

南側

南東角、河南公園側です。

 

公園内に仮囲いが設置されています。

 

 

以上、福井市文化会館解体の様子① 2023.11 でした。

福井思い出建築物TOPへ