福井駅前再開発情報一覧

福井市の開発情報を紹介するページです。主に福井駅前の再開発事業、大型ビルの新築・建替え工事等を詳しくまとめています。なお、福井駅周辺の主要事業については福井市のサイトに一覧があります。

※2019年11月現在、⑭北国銀行福井支店は建設中です。

各建物の建設前の建物の姿~解体の様子は福井思い出建築物で、こちらのページでは更地後からの建設記録を掲載しています。

建設中

⑦北陸新幹線(金沢~敦賀間)

2023年春の北陸新幹線金沢~敦賀間開業に向けて、高架橋の工事が進められています。えちぜん鉄道福井駅南側には2階建ての拡張施設も整備されます。

・工期:平成24年(2012年)6月~令和5年(2022年)(予定)

○完成イメージ

 

〇拡張施設イメージ図

福井県サイトより引用

 

○現在の様子(2019年3月頃)

 

 

⑧中央1丁目10番地区再開発事業

通称「ハニー跡地再開発」

・事業名称:中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業

・所在地:福井市中央1丁目10番地

・開発事業者:元町開発(株)

・工期:平成31年(2019年)4月3日~令和3年(2021年)1月31日(予定)

○建築物の概要

用途 共同住宅棟:共同住宅(分譲)店舗 敷地面積 1,273.10m2
建築面積 817.00m2 延床面積 共同住宅棟:8,338.40m2

立体駐車場棟:853.44m2

その他、自転車置場等5棟:

106.54m2

合計9298.38m2

構造 共同住宅棟:鉄筋コンクリート造

立体駐車場棟:鉄骨造

その他:鉄骨造

高さ 共同住宅棟:51.15m(54.57m)

立体駐車場棟:34.15m

その他:3.0m

階数 共同住宅棟:地上15階

その他:地上1階

棟数 2棟(その他自転車置場等5棟)

2018年3月2日の新聞報道によると、敷地内には4棟の建物が計画されています。各ビルの間には自由通路が計画されています。2019年3月現在、建設されているのはA棟とB棟です。その後の報道でハニーの再出店は賃料の兼ね合いで断念とありました。変わりに何かしらの商業施設が入ると推定されます。

・A棟15階建(マンション・商業施設)、ガレリオポケット側です。1,2階がスーパー、3階以上がマンションで計画されています。

・B棟(駐車場)、約60台が収容できる立体駐車場です。D棟とB棟の間に計画されています。

・C棟4階建(商業施設)、飲食店を中心にした建物です。敷地北西部に建設が予定されています。

・D棟4階建(オフィス)、金融機関を中心にしたオフィスビルです。敷地北東部のスクランブル交差点側に建設が予定されています。

○スケジュール

・2017年5月 現在の建物解体開始

・2019年3月 建設開始

・2020年秋 建物完成予定

 

○現在の様子(2019年3月頃)

 

ハニー跡地再開発の工事記録は下記リンクより始まります。

【ハニー跡地再開発①】ハニー食市場北の庄及びその周辺建物の解体前の記録

2019年3月現在、ハピリン西側の福井市中央1丁目10番地北側では再開発事業(通称:ハニー跡地再開発)で4棟の複合ビルの建設が進んでいます。ここでは私が営業中に記録したハニー食市場北の庄及びその周辺建物の在りし日の姿をお伝えします。 ハニ[…]

マンションの詳細はこちら
【デュオヒルズ福井駅前】ハニー跡地再開発の分譲マンション詳細公開

ハピリン西側の福井市中央1丁目10番地北側で進められている再開発事業(通称:ハニー跡地再開発)で、敷地内に建設される15階建分譲マンションの詳細が2019年7月末に発表されました。開発会社は全国で不動産事業を手掛ける株式会社フージャースホー[…]

 

⑩福井銀行本店建替え工事

・事業名称:福井銀行本店新築工事

・所在地:福井市順化1丁目1番1号

・開発事業者:(株)福井銀行

・工期:平成30年(2018年)10月1日~令和2年(2020年)9月30日

○建築物の概要

用途 事務所・集会場 敷地面積 4,482.82m2
建築面積 2,997m2 延床面積 13,256m2
構造 鉄骨造一部RC造 高さ 41.90m
階数 地上7階、地下0階 棟数 1棟

・費用:100億円(今市町の事務所建設費含む)

・建物のデザインコンセプトは福井の伝統産業の繊維産業から「紡ぐ」とし、外観は縦格子で自然光を取り入れ、櫓状に糸を紡いだようなシンボル性のある建物となるそうです。内装には越前和紙や羽二重織物などの地元素材を多く使用する予定とのことです。

・1階は本店営業部、2階はイベントスペースと交流ホール、3~7階は本部オフィスになります。

○完成イメージ

○スケジュール

・2018年3月16日 旧本店での営業終了

・2018年5月 解体開始

・2018年10月 新本店建設開始

・2020年9月 新本店完成

・2020年12月 新本店開業予定

○現在の様子(2019年3月頃)

 

 

福井銀行本店ビルの工事記録は下記リンクより始まります。

福井銀行旧本店ビルの解体記録

福井最大の交差点・大名町交差点、その一角を占めているのが福井銀行本店です。現在、2020年12月完成を目指して、本店ビルの建て替え工事が進められています。ここでは2018年3月16日を持って営業を終えた本店ビルの解体の姿を紹介します。201[…]

 

⑭北國銀行福井支店新築工事

・事業名称:北國銀行福井支店新築工事

・所在地:福井市順化1丁目2番

・開発事業者:北國銀行

・工期:令和元年(2019年)7月1日~令和2年(2020年)9月30日

・主目的:業務

・敷地面積:1345m2

○建築物の概要

・業務ビル7階(36.9m)、延べ床面積約4,094m2、駐車場52台(タワー式駐車場40台)

・1、2階と3階の一部に北國銀行が入居、上層階はオフィステナントして賃貸予定

・2019年7月より新ビルの建設開始、2020年秋完成予定

○完成イメージ図

福井新聞オンラインより引用

 

○現在の様子(2019年6月頃)

 

北國銀行福井支店ビルの工事記録は下記リンクより。2018年9月10日に閉館した福井シネマの営業中の様子からはじまります。

福井シネマ営業中の様子

福井シネマは福井市順化にあった映画館です。福井県初の本格な常設映画館として1919年の開館以来、100年に渡り福井の映画文化を支え、2019年9月10日を持って営業を終えました。建物は解体され、跡地には現在北國銀行福井支店の新ビルが建設中で[…]

 

北國銀行福井支店工事関連記事一覧

 

開発構想中

⑪-1駅前電車通り北地区A街区再開発事業

通称「三角地帯再開発A」

・事業名称:駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目3番街区の一部、4番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2020年~2023年(予定)

・主目的:商業、宿泊(ホテル約250室)、業務(オフィス)、ホール(1000人規模)住宅(マンション約170戸)、駐車場(約300台)等

・敷地面積:約6,000m2

・建築面積:約5,000m2(延床面積約67,000m2)

・高さ:約120m(地上28階、地下1階)(都市計画決定では高さ最大130m)

・備考:東端に約500m2、西端に約400m2の広場を設け、電車通り沿いの歩道を2m拡幅します。県庁入口交差点と電車通りをつなぐ車道が廃止され、歩道になります。

○完成イメージ

福井新聞オンラインより引用

○スケジュール

・2017年8月 準備組合設立

・2019年3月 都市計画決定

・2019年11月 事業計画承認

・2019年12月頃 本組合設立

・2020年 新ビル建設開始予定

・2023年 新ビル完成予定

 

○現在の様子(2019年3月頃)

 

 

⑪-2駅前電車通り北地区B街区再開発事業

通称「三角地帯再開発B」

・事業名称:駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目5番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2021年~2023年(予定)

・主目的:医療・福祉、商業等

・敷地面積:約1,100m2

・建築面積:約980m2(延床面積約4,400m2)

・高さ:約35m

・備考:電車通り沿いの歩道を1m拡幅します。

 

○スケジュール

・2018年9月 準備組合設立

・2019年3月 都市計画決定

・2021年 新ビル建設開始予定

・2023年 新ビル完成予定

○現在の様子(2019年3月頃)

 

⑫駅前南通り地区再開発事業

通称「南通り再開発」

・事業名称:駅前南通り地区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目10番街区、11番街区、22番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2021年~2023年春(予定)

・主目的:商業、医療・福祉、住宅(マンション)

・敷地面積:

・備考:2階レベルにビル同士を繋ぐペデストリアンデッキが計画されています。

○建物概要

・Aブロック(10番街区、約1500m2)、福井駅前南通りと元町商店街の間の街区食をテーマに掲げ、低層商業施設に地場産品と飲食店が整備されます。イメージ図には2階(屋上あり)と4階の建物が描かれています。
・Bブロック(11番街区、約1360m2)、ハピリン南側の街区
 医療・福祉をテーマに掲げ、低層部に医療施設、保育施設、幼児向けのカルチャースクール、高層部にホテルとオフィスが整備されます。イメージ図には13階建の建物が描かれています。
・Cブロック(22番街区、約2860m2)、Aブロックの南側、城の橋通りに面する街区
 アミューズメント系の温浴施設を核に、低層部に健康関連の店舗と駐車場、高層部にマンションが整備されます。イメージ図には16階建の建物が描かれています。
準備組合の発表によれば、この基本計画に基づき、2019年度内に都市計画の決定、2020年度に事業計画の作成及び本組合の設立、2021年度から建物の解体・建設工事、2023年春の北陸新幹線開業までの完成を目指しています。

○配置イメージ

 

福井新聞オンラインより引用

○完成イメージ

2019年2月5日付福井新聞より引用

○スケジュール

・2019年2月 準備組合設立

・2021年 建物建設開始予定

・2023年春 建物完成予定

○現在の様子(2019年3月頃)

←写真⑫-1(Aブロック) 、⑫-2(Cブロック)写真→

 

 

⑫-3(Bブロック)写真

⑬福井県繊協ビル建替工事

通称「繊協ビル建替」

・事業名称:福井県繊協ビル建替工事

・所在地:福井市大手3丁目7番

・開発事業者:福井県繊協ビル同業会

・1期工期:2019年~2021年春(予定)

・主目的:商業、ホテル(御宿野乃福井)、駐車場

・敷地面積:3499m2

○建築物の概要

・業務ビル:10階、床面積約330m2/1フロア(2021年7月頃完成)

・ホテルビル:10階程度、敷地面積925m2(2023年秋頃完成)、ドーミーインの高級和風ブランドである「御宿野乃福井」が入居予定

・駐車場:6階建、駐車場台数200台(2023年初め頃完成)

○完成イメージ図(市役所側より)

左側が新繊協ビル、右側が立体駐車場、ホテルは大名町交差点側に建設予定です。日刊県民福井サイトより引用

 

○スケジュール

・2019年 新ビル建設開始予定

・2021年7月頃 新ビル完成→現ビル取壊し

・2023年初め頃 駐車場棟完成予定

・2023年秋頃 ホテル開業予定

○現在の様子(2019年3月頃)

 

 

繊協ビル建替関連記事一覧

 

 

 

 

⑮旧北國銀行福井支店建替工事

新北國銀行福井支店が完成しましたら現在の建物は建替えのため取り壊されます。跡地利用計画は未定。

現在の様子(2019年3月頃)

 

竣工済

①(アオッサ)手寄地区再開発事業

再開発ビル名「AOSSA」

・事業名称:手寄地区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市手寄1丁目4番1号

・開発事業者:手寄地区市街地再開発組合

・工期:平成17年(2005年)3月~平成19年(2007年)3月

・建築物の概要

用途 商業・公共施設・駐車場(169台) 敷地面積 4,500m2
建築面積 3,501m2 延床面積 33,170m2
構造 鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造 高さ 55m
階数 地上10階、地下2階 棟数 1棟

2007年4月19日開業の再開発ビル「AOSSA(あおっさ)」、名前は福井弁の「会おっさ」から取られており、東口のランドマークとして建設されました。地下1~2階が駐車場、1階~3階が商業施設、4階~6階が福井市立桜木図書館や公民館などが入る福井市地域交流プラザ(福井市管轄)、7階~8階が福井県県民ホールや福井県消費生活センターなどが入る福井県公益施設(福井県管轄)、9階~10階は機械室の構成となっています。福井駅東口広場側から見たガラス張りの外観は圧巻で、1階から8階までの巨大吹き抜けやガラス張りのエレベーターなど未来的なデザインとなっています。8階の県民ホールのエントランスは展望ホールになっており、福井駅東口広場や福井駅を見渡すことができます。

 

②(ハピリン)福井駅西口中央地区再開発事業

再開発ビル名「ハピリン」

・事業名称:福井駅西口中央地区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目2番1号

・開発事業者:福井駅西口中央地区市街地再開発組合

・工期:平成25年(2013年)9月~平成28年(2016年)3月

・建築物の概要

用途 商業・公共施設・住宅(89戸)・駐車場(165台) 敷地面積 5,554m2
建築面積 4,749m2 延床面積 35,122m2
構造 鉄筋コンクリート造(高層部)

鉄骨造(低層部)

鉄骨鉄筋コンクリート造(地下部)

高さ 91m
階数 地上21階、地下2階 棟数 1棟

2016年4月28日開業の再開発ビル「ハピリン」、福井県で最も高い建築物で福井駅前のランドマークとして建設されました。実際、福井平野のあらゆるところからその姿を眺めることができます。地下1階が駐車場、1階~2階が商業施設、3階~5階が多目的ホールや総合ボランティアセンター、福井市自然史博物館分館「セーレンプラネット」が入る公共施設、6階~21階がマンションのシンフォニアタワーコート福井の構成となっています。福井駅西口広場に面している側には屋根付き広場があり、毎週土日にはなにかしらのイベントが開催されています。福井県内で一番高い建物だが上層部がマンションになっている関係で展望ホールは設けられおらず、一般の人は5階までしかあがることができません。

・完成イメージ図

福井市サイトり引用

完成写真(2019年3月撮影)

 

以下、ハピリンの建設記録です。福井駅前ショッピングプラザ営業終了からハピリン開業まで3年4か月追いかけました。

①営業中の福井駅前ショッピングプラザ(2013.1)

解体前の福井駅ショッピングプラザ

あなたはハピリンができる前の福井駅前ショッピングプラザの姿を覚えていますか?現在、ハピリンが建っている場所には2013年1月末まで「福井駅前ショッピングプラザ」という名の駅前商店街があり、何十件もお店が並んでいました。ここでは私が建物解体直[…]

②ハピリンが建設される前の福井駅前ショッピングプラザの解体記録(2013.2~2013.9)

福井駅前ショッピングプラザの解体記録(2013.2~2013.9)

ここではハピリン建設に伴い解体された福井駅前ショッピングプラザの解体記録を紹介します。 前記事は下記リンクより、営業中の福井駅前ショッピングプラザ(2013年1月頃)です。 [sitecard subtitle=解体前の福井駅シ[…]

③ハピリンの工事記録(2013.11~2014.12)

ハピリンの建設工事記録(2013.11~2014.12)

福井県で一番高い建物「ハピリン」の建設工事記録です。 前記事は下記リンクより、ハピリンが建設される前の福井駅前ショッピングプラザの解体記録(2013.2~2013.9)です。 [sitecard subtitle=福井駅前ショッ[…]

④ハピリンの工事記録(2015.1~2015.6)

ハピリンの建設工事記録(2015.1~2015.6)

福井県で一番高い建物「ハピリン」の建設工事記録です。 前記事は下記リンクより、ハピリンの建設工事記録(2013.11~2014.12)です。 [sitecard subtitle=ハピリンの建設工事記録(2013.11~2014[…]

⑤ハピリンの工事記録(2015.7~2015.11)

ハピリンの建設工事記録(2015.7~2015.11)

福井県で一番高い建物「ハピリン」の建設工事記録です。 前記事は下記リンクより、④ハピリンの建設工事記録(2015.1~2015.6)です。 [sitecard subtitle=④ハピリンの建設工事記録(2015.1~2015.[…]

⑥ハピリンの工事記録(2016.1~2016.5)

ハピリンの建設工事記録(2016.1~2016.5)

福井県で一番高い建物「ハピリン」の建設工事記録です。 前記事は下記リンクより、ハピリンの建設工事記録(2015.7~2015.11)です。 [sitecard subtitle=⑤ハピリンの建設工事記録(2015.7~2015.[…]

③中央公園整備事業

2018年8月18日、4年かかった中央公園の整備工事が完了しました。福井城西二の丸と西三の丸の堀跡を復元し、芝生が広がる大きな広場となりました。

完成写真(2019年3月撮影)

 

福井市中央公園の整備前の記録は下記リンクより

整備前の記録2014.10

福井市中央公園は2014年から2018年まで4年間にわたり再整備工事が行われました。ここでは整備前の中央公園の姿を紹介します。 中央公園周辺再整備事業とは 概要 福井市中央公園は福井都心のど真ん中にある大型公園です。公園東側には県庁や[…]

中央公園再整備記事一覧

④福井駅西口整備事業

2016年3月、福井駅西口広場の整備が終わり、供用が開始されました。福井駅が高架化されてから実に12年もの長きにわたった整備工事です。中央通りにあったバス乗り場の移転や福井鉄道の延伸など、交通結束点としての機能が大幅に向上しました。

⑤福井駅東口整備事業

西口が市内バスの乗り場が集まっているのに対し、東口広場には高速バスや団体バスなどの乗り場が集まっています。

完成写真(2019年3月撮影)

⑥えちぜん鉄道高架事業

2018年6月24日、えちぜん鉄道福井口~福井駅間が高架化されました。北陸新幹線の高架を間借りしての工事など全国的に注目を集めた高架化事業でした。

完成写真(2019年3月撮影)

⑨ドーミイン福井新築工事

カトー立体パーク(立体駐車場)跡地に建設されました。9階の浴場からは足羽山や足羽川の眺望も楽しめます。敷地約200m2は公開空地として歩行者に開放されています。

・事業名称:中央1丁目18番地区優良建築物等整備事業

・所在地:福井市中央1丁目18番地

・開発事業者:(株)加藤ビル

・工期:平成29年(2017年)10月1日~平成30年(2018年)年10月31日

○建築物の概要

用途 ホテル(客室数189室)、駐車場(52台)等 敷地面積 1,575.64m2
建築面積 706.36m2 延床面積 5,864.19m2
構造 鉄筋コンクリート造 高さ 40.02m2
階数 地上9階、地下1階 棟数 2棟

・総工費:約20億円(市の補助約8,930万円)

○完成イメージ

公式サイトより引用

○スケジュール

・2017年7月 カトー立体パーク(立体駐車場)解体

・2017年10月 ホテル建設開始

・2019年2月 建物完成

・2019年3月19日 ホテルオープン

○現在の様子(2019年3月頃)

 

ホテル建設前の姿

カトー立体パークの記録

現在、ドーミーイン福井が建っている場所には2017年6月まで「カトー立体パーク」という立体駐車場がありました。ここでは私が営業中に記録した駐車場の在りし日の姿をお伝えします。   ドーミーイン福井工事記録はこちら。 […]

ホテルの建設工事記録

ホテル建設工事記録

ドーミーイン福井とは2019年3月19日(火)開業のビジネスホテルです。福井市中央1丁目のカトー立体パーク跡地に建設されました。全国でホテル事業を手が得る手掛ける共立メンテナンス(東京)が福井県内初進出です。ドーミーインは富山、金沢には進出[…]

 

その他開発情報

田原町駅

2018年3月、田原町駅及び、駅前広場の整備が完成しました。えちぜん鉄道・福井鉄道の相互乗入れを核に、歴史ある木造駅舎から未来感あるいまどきの駅舎に変わりました。

完成写真(2019年3月撮影)

田原町駅の建替え工事記録は下記リンクより。

【田原町駅建替工事①】旧駅舎の現役時の記録(2014.01)

あなたは旧田原町駅の木造の三角形駅舎(旧駅舎)を覚えていますでしょうか。田原町駅は2015年に新しい駅舎建替えられました。ここでは旧駅舎の現役時の姿から駅舎解体、新駅舎建設、新駅舎供用までの様子を2年に渡り撮影した写真を元に紹介します。 […]

福井城址大名町駅

2018年3月、整備完了。福井鉄道福武線の路面区間にある4駅は2010年頃により順次リニューアルされていきました。その中で最大規模にリニューアルされたのが当駅です。

 

 

 

福井市開発情報(福井駅前以外)

福井駅前以外の福井市内の開発・新施設を紹介します。

レーベン福井ⅡPROJECT

福井市乾徳1丁目にて14階建ての大規模マンションが建設中です。

レーベン福井ⅡPROJECT

福井市乾徳1丁目にて、全国で大規模マンションを手掛ける株式会社タカラレーベンが14階建ての大規模マンションを建設しています。タカラレーベンが福井でマンション事業を手掛けるのはレーベン福井レヴィスタ(日之出2丁目、13階建、2017年竣工)以[…]

 

ポレスター福井さくらレジデンス

福井市毛矢2丁目にて11階建ての大規模マンションが建設中です。

ポレスター福井

福井市毛矢2丁目、商工会議所の北側に11階建ての大規模マンションが建設されます。建設主体は広島拠点に全国に大規模マンションや再開発事業を施工しているデベロッパーの株式会社マリモです。2020年春に工事着手、2021年夏に竣工予定です。 マ[…]

 

一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)

2022年10月開館に向けて、一乗谷に新しい博物館が建設中です。

新博物館

福井市・一乗谷に朝倉氏遺跡に関連する新しい博物館「一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)」ができます。2022年10月の開館を目指し、現在工事が行われています。ここでは博物館の概要と建設の様子を紹介します。 一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)とは […]