【レーベン福井ⅡPROJECT】福井市乾徳1丁目大規模マンション建設の様子 2019.07

福井市乾徳1丁目にて、全国で大規模マンションを手掛ける株式会社タカラレーベンが14階建ての大規模マンションを建設しています。タカラレーベンが福井でマンション事業を手掛けるのはレーベン福井レヴィスタ(日之出2丁目、13階建、2017年竣工)以来3年ぶりとのことです。

画像は公式サイトより引用

マンション概要

・事業名称:(仮称)レーベル福井乾徳新築工事

・所在地:福井市乾徳1丁目601-1

・開発事業者:(株)タカラレーベン

・工期:2019年6月5日~2020年11月30日

○建築物の概要

用途 共同住宅(分譲)39戸 敷地面積 1,278.23m2
建築面積 317.27m2 延床面積 3,472.75m2
構造 鉄筋コンクリート 高さ 42.102m
階数 地上14階 棟数 1棟

マンションの特徴

・えちぜん鉄道三国芦原線・福井鉄道福武線「福大前西福井」駅徒歩5分

・タカラレーベン 福井市約3年ぶりの供給

・福井大学を中心とした、住宅街がひろがる文教エリア

・独立性・採光性の高い角住戸率66%

・全邸南向き・ゆとりのプラン[平均75㎡超](全39戸中、角住戸26戸)

・オール電化・浄活水システム・浴室TV・ペアガラスなどハイスペック仕様

・敷地内駐車場100%完備、冬タイヤなどのタイヤ置き場完備

・ラウンジ・ランドリールーム・ライブラリーなど多彩な供用施設

・間取りは3LDKor4LDK

・2019年9月中旬より販売開始、2020年11月下旬完成予定、2020年12月末入居予定

・マンションのサイトはこちら

完成イメージ図

敷地北東部角から見上げた構図です。

 

上層階から南東(福井都心)方面を見た構図です。

 

南側からみたマンション外観です。

画像は公式サイトより引用

建設場所

8番らーめん 福井大学前店の向かいになります。元々は加藤法律事務所がありました。

間取り例

C-TYPE

4LDK+WIC占有面積90.24m2のプランです。

タカラレーベン(開発会社)について

株式会社タカラレーベンは東京都千代田区に本社を置く、マンション中心のデベロッパーです。全国の再開発事業に参画し、全国展開しています。ブランド名は「レーベン」が冠につけ、開発・分譲・管理と全てグループ内で完結させるのが特徴です。近年はマンションの分譲のみでなく老人ホームの建設や企業再生プログラムなど、時代背景を見据えた事業を展開しています。また、インターネットでの商品情報配信にも力を入れています。

 

 

2019年7月頃の様子

2019年7月下旬の様子です。たまたま通りかかって発見しました。

南東側、芦原街道より。既存建物は解体済みで現在は杭打ち作業が行われています。ここに14階建てのマンションが建つとランドマーク的な建物になりますね。福井大学の総合研究棟は高さ約50mなのでほぼ同じ高さになります。

 

南西側、南側道路より

 

南東角より

 

工事看板は芦原街道の歩道沿いに設置してあります。

 

北側道路に開口部があり、そこから現場の様子がわかります。14階を支える基礎なので、杭打ち機がでかいです。

 

今週の作業予定

 

北側道路の反対側に工事事務所がありました。

完成が楽しみです。

 

工事の続きは下記リンクより、福井市乾徳1丁目大規模マンション建設の様子 2019.10

福井市乾徳1丁目大規模マンション建設の様子

福井市乾徳1丁目にて、全国で大規模マンションを手掛ける株式会社タカラレーベンが14階建ての大規模マンションを建設しています。ここではマンションの建設の様子を紹介します。   前記事は下記リンクより、福井市乾徳1丁目大規[…]

レーベン福井ⅡPROJECT関連記事一覧

福井市再開発情報一覧へ