【三角地帯再開発B工事記録1-1】(2019.4)中央1丁目5番地南側の着工前の様子

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では医療・福祉系の複合ビルが建設される駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の中央1丁目5番地南側の2019年4月現在の既存建物解体前(工事着工前)の様子を紹介します。

三角地帯再開発Bとは

概要

通称「三角地帯再開発B」

・事業名称:駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目5番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2021年~2023年(予定)

・主目的:医療・福祉、商業等

・敷地面積:約1,100m2

・建築面積:約980m2(延床面積約4,400m2)

・高さ:約35m

・費 用:約30億円

・備考:電車通り沿いの歩道を1m拡幅します。大名町交差点側には広場と大階段が設置されます。

 

建設場所

三角地帯再開発B街区のエリア(青色で囲った範囲)は中央1丁目5番地です。赤色で囲った範囲は隣のA街区の再開発エリアです。中央大通りと駅前電車通りで囲まれた三角の3街区すべてが再開発対象エリアです。

 

5番地南側(電車通り側)

中央1丁目5番地の南側(電車通り側)です。

※中央1丁目5番地のビルの大半は南側の電車通りと北側の中央大通りの両通りに面しています。

先端部

三角地帯再開発エリアの西端部(大名町交差点側)です。三角形の頂点にあたります。

 

 

頂点

頂点部には大名町地下道への入口があり、その前にはベンチが設置されており、ちょっとした休憩スペースとなっています。

 

頂点部には眼鏡屋「paper glass FUKUI」があります。

 

頂点部からみた電車通り。

 

今川焼付近

 

 

嶋田ビル

三角地帯の西端にあるのが地上3階、地下1階建ての嶋田ビルです。1階には眼鏡屋「paper glass FUKUI」が入居しています。

 

paper glass FUKUIの右横には地下テナントの喫茶店「FAN FAN」の入口があります。

 

高津ビル

嶋田ビルの右横にあるのが4階建ての高津ビルです。1階には3つのテナントがあり、左側には今川焼が入居しています。

 

真ん中にあるのが農家レストラン菜郷が入居しています。

 

 

右側にあるのが「きもの丸七」です。

 

はんこ屋付近

4階建ての雑居ビルが連続して建っています。

福井セントラルボディケアセンター

高津ビルの右横にあるのが4階建てのビルです。1・2階にはフィットネスルーム「福井セントラルボディケアセンター」が入居しています。こちら側(電車通り側)がメインの入り口になります。1階はハンド・フットマッサージなどのボディケア、2階はパーソナルトレーニングルームのケアセンターらしいです。

 

芳雅堂

福井セントラルボディケアセンターの右横にある4階建てのビルです。1階にははんこ屋「芳雅堂」が入居しています。

 

とみや

芳雅堂の右横にあるのが4階建てのビルです。1階には和風れすとらん「とみや」が入居しています。

 

 

ふじのや文具

とみやの右横にあるのが4階建てのビルです。1階にはふじの文具店が入居しています。このビルは旧かゞみや本店で10年ぐらい前までは1階にかゞみやがありました。

 

 

店舗前にはすまいるバスのバス停があります。

 

U-canビル付近

 

金時屋ビル

ふじの文具店の右横にあるのが5階建ての金時屋ビルです。1階には2つのテナントがあり、左側が「キルトカフェ」、右側が「川崎元録堂」です。ビルの2階に「趣味工房」や「いけばな教室」の看板がありますが今も営業しているのでしょうか。上層階への階段は反対側(中央大通り側)にあります。

 

 

U-canビル

川崎元録堂の右横にあるのが中央1丁目5番地内で一番大きなu-canビルです。u-canビル内には複数のテナントが入居していますため、ここでは1階のみ紹介します。

左側には時計・宝石「ふじい」が入居しています。

 

1階店内通路を挟んで反対側には飲食店「ピッコロ ターヴォロ」が入居しています。歩道上でイタリア料理やワッフルが堪能出来るオシャレなお店です。

五十嵐ビル付近

中央1丁目5番地の南東角にあるのが5番地内で一番高い8階建ての五十嵐ビルです。

 

ビルと勝木書店の間には歩行者専用道路があります。この道路が三角地帯再開発のA街区とB街区の境界となり、再開発後も残ります。

 

五十嵐ビル

五十嵐ビル1・2階にはブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ 福井店」が入居しています。

 

五十嵐ビルの入口は東側にあります。

 

レトロなホールです。

 

ビルの案内図です。7階には福井駅前商店街振興組合事務所が入居しています。

 

地下への階段

ハピリンから

最後にハピリン5階から見た中央1丁目5番地南側です。手前から奥に向かってビルの高さも低くなっていっています。

 

 

以上、再開発エリアB街区5番地南側の紹介でした。東側に続く。

 

〇続き記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録1-2】(2019.4)中央1丁目5番地北側の着工前の様子

次に進む

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では医療・福祉系の複合ビルが建設される駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の中央1丁目5番地北側の2[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ