TAG

三角地帯再開発

  • 2020年1月21日

福井県の高層ビルランキング、県内で一番高い建物はハピリン

福井県内にある高さ60m以上の高層ビルについてランキング形式で紹介します。すべて福井市内の建物です。 ちなみに、高層ビルと超高層ビルの違いについて明確な基準はありません。一般的な感覚として超高層ビルとは高さ100m以上のビルを指しますが、建築基準法では高さ60m以上を超高層建築物と定義されており、航空法では高さ60m以上で超高層ビルのシンボルである「航空障害灯」(夜間にビルの四隅で赤く点滅する灯) […]

  • 2020年1月15日

福井駅西口にマリオットホテルができる!

福井駅西口の三角地帯再開発ビルに世界最大のホテルチェーンの米マリオット・インターナショナルが進出することが発表されました。同ホテルの福井進出は北陸初であり、日本海側初でもあります。ホテル名は「コートヤード・バイ・マリオット福井」で、2023年のホテル開業を目指しています。 ホテルの概要 概要 三角地帯再開発A街区は3つの建物から成り立っており、今回進出するマリオネットは福井駅側のホテル・オフィス棟 […]

  • 2019年12月14日

福井駅前三角地帯再開発事業の最新情報

ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の新情報を時系列で紹介しています。新しい情報が出る毎に追記します。 報道発表 2018年8月29日報道 三角地帯再開発は2つの組合で施工されることになりました。 地権者らでつくる駅前電車通り北地区市街地再開発準備組合は事業区域を三角地帯の中の勝木 […]

  • 2019年11月23日

福井駅前に100m級のツインタワーが建設されます

福井駅前三角地帯再開発(駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業)A街区の事業計画の概要が発表されました。ここでは2019年11月22日現在の報道内容を紹介します。 福井県内にも100m超えの超高層ビルが建設されます。しかも2棟!   事業計画の内容 概要 A街区は主に3棟で構成されます。 住宅棟 駐車場棟 ホテル・オフィス棟 階数 地上28階 地上9階 地上27階、地下1階 高さ 約1 […]

  • 2019年11月19日

福井駅前三角地帯再開発の事業決定がされました

2019年3月6日開催の第36回福井市都市計画審議会において福井駅前三角地帯再開発(駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業)の決定がなされ、その資料が2019年3月20日に福井市のサイトで公開されました。ここでは、公開された資料を元に、どのような都市計画決定がなされたかを紹介します。 再開発事業の内容 三角地帯再開発全体(A街区、B街区併せて)の決定事項です。表や画像、文章は資料から引用していま […]