【ハニー跡地再開発】商業施設棟の建築計画が公表されました 2021.2

福井駅西口のハピリン横で進められている中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業、通称「ハニー跡地再開発」の北西に建設される商業施設棟(テナントビル)の建築計画が公表されました。ここでは商業施設棟の建築計画について紹介します。

 

商業施設棟の概要

ハニー跡地再開発について

ハニー跡地再開発事業は4棟の複合ビルで構成されています。下記図でA棟(共同住宅・スーパー)と記載されている建物は「デュオヒルズ福井駅前」として2021年3月竣工、D棟(オフィス)と記載されている建物は「未来プラザふくしん」として2021年3月竣工します。今回新たに建築計画が公表されたのはC棟(飲食)と書かれている建物です。物品販売業を営む店舗、飲食店が入る商業施設として建設されます。

 

 

商業施設棟の概要

・工期:2021年4月1日~2021年8月30日

用途 テナントビル 敷地面積 436.86m2
建築面積 413.85m2 延床面積 1263.90m2
構造 鉄骨造 高さ 14.35m
階数 地上3階、地下0階 棟数 1棟

建築計画のお知らせが2021年2月上旬に現場に掲示されました。工事施工業者は未定です。

 

商業施設棟には何のテナントが入るのか

2021年2月現在、飲食店や商業施設の入居が想定されるとのみで、具体的なテナント名は未発表です。

マンション棟の低層階には当初、1階にスーパー、2階に商業施設が計画されていましたがテナント誘致に難航(現在も未発表)し、商業エリアは1階のみになりました。オフィス棟と商業施設棟も当初は4階建てから3階建てに変更された経緯があるため、テナント誘致が難しいのでしょう。コロナ以前でこの状態だったため、現在はよりテナント誘致が難航していることが想定されます。

 

現在の様子(2021.2)

2021年2月6日の様子です。

元町商店街のアーケードに隣接して建設されます。

 

左の福井信用金庫のビルとほぼ同じ高さです。工事ゲートからマンションに向かって、公開空地として歩道が整備されます。

 

建設場所はマンションの資材置き場として使用されています。マンションは2021年3月末に完成予定なので、3月中旬頃にはこの場所もきれいに整頓されるでしょう。2021年夏頃には新たな建物の出現します。

 

以上、ハニー跡地再開発商業施設棟の概要でした。

 

あわせて読みたい記事

〇ハニー跡地再開発事業の最新情報は下記リンクより。

最新情報

ここでは中央1丁目10番地区優良建築物等整備事、通称「ハニー跡地再開発事業」の新情報を時系列で紹介しています。新しい情報が出る毎に追記します。   工事記録 工事開始前 工事記録1(2017.1)ハニー食市場北の庄及び[…]

商業施設棟詳細

福井駅西口のハピリン横で進められている中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業、通称「ハニー跡地再開発」の北西に建設される商業施設棟(テナントビル)の建築計画が公表されました。ここでは商業施設棟の建築計画について紹介します。 &nbs[…]

オフィス棟詳細

福井駅西口のハピリン横で進められている中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業、通称「ハニー跡地再開発」の北東に建設されるオフィス棟の建築計画が公表されました。ここではオフィス棟の建築計画について紹介します。 オフィス棟の概要 ハニー跡[…]

マンション棟詳細

ハピリン西側の福井市中央1丁目10番地北側で進められている再開発事業(通称:ハニー跡地再開発)で、敷地内に建設される15階建分譲マンションの詳細が2019年7月末に発表されました。開発会社は全国で不動産事業を手掛ける株式会社フージャースホー[…]

 

福井駅前再開発情報一覧へ