廃止された福井市ジュニアグランドの現状 2021.3

福井市の財政難により、民間企業に売却された屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)の2021年3月現在の様子を紹介します。

 

〇前記事は下記リンクより、廃止が検討されている福井市ジュニアグランドの現状

前に戻る

福井市の財政難に伴い廃止され、売却が検討されている屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)の現状を取材してきました。2019年12月上旬の様子です。 ジュニアグランドについて 概要 ジュニアグランドとは福井市板垣[…]

ジュニアグランドについて

概要

ジュニアグランドとは福井市板垣5丁目にある屋外多目的グランドです。南郵便局の南東側、羽水高校の北側の住宅地内にあり、約22,000m2の巨大な敷地内には少年ソフトボール(4面)、少年野球(4面)、少年サッカー(2面)が設けられています。1988年に区画整理事業により建設され、当初は多くの利用がありましたが、メイン利用者の少年ソフトボールの競技人口の減少や福井市内に新たなスポーツ施設ができたことから、現在は利用者が固定化しており、広域の市民を対象とした当該施設の公的や役割が薄れていました。

そのような現状で、福井市の財政難に伴う市有財産の整理の中で当グランドを廃止、2020年9月に住宅設計施工や不動産のエーシンに11億5658万円で売却されました。跡地は注文住宅80軒分の分譲地として整備されます。

 

場所

 

配置図

北西にトイレ、北側に駐車場、東側に国旗掲揚塔、4角にネットがありました。

現在の様子

2021年3月7日の様子です。

南西角(羽水高校前)付近

羽水高校前から時計回りに取材します。グランドにあったフェンスやベンチなどは撤去され、広大な更地となっています。

 

 

北西角付近

北側にあったトイレや地震計、駐車場は砂利ごと撤去されました。

 

カラーコーンがおいてあるコンクリートの欠損箇所にはグランドへの階段がありました。

 

北東角付近

福井市河川課の土のう用砂置き場があった場所です。プレハブ倉庫はどこいったのでしょうか。

 

 

南東角付近

フェンスを抜いた後です。基礎ブロックが埋まっていた痕跡が残っています。

 

フェンスがあった場所が溝のようになっています。

 

北東角においてあった消防ポンプの収納庫が今は東側真ん中付近に置かれていました。左奥の校舎は羽水高校です。

 

 

以上、廃止された福井市ジュニアグランドの現状でした。

 

〇前記事は下記リンクより、廃止が検討されている福井市ジュニアグランドの現状

前に戻る

福井市の財政難に伴い廃止され、売却が検討されている屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)の現状を取材してきました。2019年12月上旬の様子です。 ジュニアグランドについて 概要 ジュニアグランドとは福井市板垣[…]

開発ミニレポ