福井市河増工業団地建設の様子② 2022.3

福井市河増町では区画整理事業で工業団地が建設中です。ここでは工業団地の概要と2022年3月現在の様子を紹介します。

〇前記事は下記リンクより、福井市河増工業団地建設の様子① 2020.10

前に戻る

福井市河増町では区画整理事業で工業団地が建設中です。ここでは工業団地の概要と2020年10月現在の様子を紹介します。 河増工業団地とは 概要 河増工業団地土地区画整理事業とは福井市河増町の約8.4ヘクタールの土地に総事業費約15億5千[…]

河増工業団地とは

概要

河増工業団地土地区画整理事業とは福井市河増町の約8.4ヘクタールの土地に総事業費約15億5千万円をかけ、工業団地を造成する事業です。河増町工業団地協同組合が計画し、同組合はタッセイ、高島鉄工所、カラヤ、ニホン・ドレン、カネマキ、清川メッキ工業、大和電建の7社が2019年に設立されました。造成2023年6月末の完成を予定し、全7区画の利用は確定していおり、造成が完了したところから各社の工場や倉庫などが順次建設されます。土地利用の内訳は道路などの公共用が約19,508m2、工業団地が約64,057m2。工業団地は北陸自動車道福井ICから北に約2.6kmに位置し、隣接する荒川を挟んで福井問屋センターに隣接していることから商業取引の相乗効果が期待されています。

 

場所

荒川に囲まれた田畑が広がる場所です。

現在の様子

2022年3月27日の様子です。工業団地の造成工事が行われています。

北側

北側の幹線道路同士の丁字交差点です。この交差点に団地内道路がとりつきます。

 

造成工事に向けて、車両乗入れのたけのスロープが設置されています。

北東角

北側の交差点から少し南東側に上写真のカラーコーンのところに進みます。敷地全体でみたら北東角にあたるところです。

 

北東角です。

 

工事に入る前に発掘調査が行われています。

 

あちこちに測量杭が打ってあります。

北西角

丁字交差点の西側にある農道を50mほど南下した工業団地の北西角にあたる場所です。

 

 

北西角の発掘調査現場ではこれがなんの遺構かプレートが置かれていました。

 

畝跡です。

 

遺跡発掘調査が行われているのはこの場所に古代の集落跡である「河増遺跡」があるからです。堀立柱跡の遺構や土器の破片等が出土するそうです。

教職員住宅北側

農道を南下し、河増教職員住宅の北側に来ました。

 

河増橋北側

河増橋の北側です。工事看板が立っています。

 

工事看板です。工期は2023年6月30日になっています。

 

農地転用許可済証明書

 

造成工事個所です。

 

エリア内で一番重機が動いている箇所です。

 

既存の農道です。この農道は盛土に埋まってしまうのでしょうか。

 

 

線形的に、この盛土が団地内道路になりそうです。

南側

南側の荒川対岸からです。

 

 

以上、福井市河増工業団地建設の様子② 2022.3でした。

〇前記事は下記リンクより、福井市河増工業団地建設の様子① 2020.10

前に戻る

福井市河増町では区画整理事業で工業団地が建設中です。ここでは工業団地の概要と2020年10月現在の様子を紹介します。 河増工業団地とは 概要 河増工業団地土地区画整理事業とは福井市河増町の約8.4ヘクタールの土地に総事業費約15億5千[…]

開発ミニレポ