芦原街道の花月歩道橋が廃止されました 2021.11

福井市春山2丁目・花月1丁目の境にあり、芦原街道をまたぐ花月歩道橋が2021年11月8日に廃止され、撤去されました。ここでは廃止前の2021年11月現在の様子を紹介します。

花月歩道橋とは

概要

花月歩道橋は福井市春山2丁目・花月1丁目の芦原街道をまたぐ歩道橋です。1967年架橋、延長15.9m、幅員1.5mあります。文化会館と西公園をつなぐ動線上にありますが、文化会館と閉鎖されたことにより、役割を終えたことから撤去されることになりました。

 

歩道橋の場所

 

現在の様子

2021年11月2日の様子です。花月歩道橋が撤去されることは現地に看板が設置されるまでは知らなかったので急遽取材しました。

歩道橋西側

歩道橋の南西角です。花月歩道橋は四カ所の階段がある歩道橋らしい歩道橋です。

歩道橋撤去を知らせる看板

 

歩道橋の桁には名前が書いてあります。欄干には標識も設置されています。

 

銘板拡大

 

橋脚には塗装記録表がかいてあります。今の塗装は10年前に行われています。

 

北西角です。

 

歩道橋東側

東側にきました。こちらにメインの工事看板が設置されています。交差点整備と書かれていることから、すぐ北側にある交差点に横断歩道が整備されるのでしょうか。

 

断面図拡大

 

北東角です。

 

北東階段の名盤は漢字です。

 

南東角です。東側階段の上部側面に壁があるのは福祉会館の内部が見えなくするための名残でしょうか。

 

南東階段の名盤はひらがなです。

 

歩道橋上

歩道橋を上ります。

 

歩道橋の上部通路です。滑り止めに点字ブロック状のタイルが敷き詰められています。

 

北側です。

 

 

南側です。

 

 

少し離れた芦原街道上に設置されていた通行止めを知らせる看板。

 

以上、芦原街道の花月歩道橋が廃止されました 2021.11でした。

福井思い出建築物TOPへ