福井鉄道に東京オリンピックラッピング車両登場 2021.9

2021年夏の東京オリンピックに向けて、福井鉄道のフクラムに福井市ゆかりの選手のラッピング車が登場しました。

ラッピング車概要

ラッピング車両は2021年7月18日から運行を開始、フクラム第三編成のF1003に施されました。福井市ゆかりの7選手(プロ野球の吉田正尚選手、バレーボールの清水邦広選手、ハンドボールの堀川真奈選手、自転車の脇本雄太選手、プロ野球の栗原陵矢選手、トライアスロンの岸本新菜選手、ハンドボールの石立真悠子選手)の全身写真が3両編成の車両1両ごとに一人ずつ左右に貼られました。写真は縦約3mあり、迫力あるプレー写真となっています。また、8月中旬からはパラリンピックマラソン代表の西島美保子選手が追加され、写真は8人になります。

運行は2021年11月末までを予定しています。

ラッピング車写真

2021年9月に福井駅前で撮影しました。

東側

本線西側の側面から紹介します。福井駅のみ本線とは進行方向が逆になり、写真の田原町側が南側となります。

 

3両目はプロ野球の吉田正尚選手、マラソン代表の西島美保子選手です。

 

2両目はハンドボールの石立真悠子選手です。「がんばれ!!福井にアスリート」の文字もあります。

 

1両目は自転車の脇本雄太選手です。

 

越前武生(武生新)側先頭です。福井市がホストタウンになっているスロバキアの国旗が描かれています。初めて見たとき素でロシア国旗だと思いました。

 

西側

続いて本線西側の側面を紹介します。

 

1両目はプロ野球の栗原陵矢選手、ハンドボールの堀川真奈選手です。

 

2両目はトライアスロンの岸本新菜選手です。

 

3両目はバレーボールの清水邦広選手です。

 

以上、8選手の紹介でした。

 

大名町交差点付近

大名町交差点で信号待ち中に撮影しました。

 

 

以上、福井鉄道に東京オリンピックラッピング車両登場 2021.9でした。

 

 

 

鉄道関連記事はこちら