底喰川文京1丁目工区河川改修工事状況(後編) 2021.3

福井市文京1丁目の底喰川(そこばみがわ)では河川改修工事を行っています。ここでは2021年3月現在の工事の状況を紹介します。後半では数年後に工事に入る上流側(お泉水通りまで)を紹介します。工事区間の立ち退きが進んでいます。

 

〇前記事は下記リンクより、底喰川文京1丁目工区河川改修工事状況(前編) 2021.3

前に戻る

福井市文京1丁目の底喰川(そこばみがわ)では河川改修工事を行っています。ここでは2021年3月現在の工事の状況を紹介します。 底喰川の河川改修工事は昭和の頃より下流側から10年単位で毎年少しずつ行われており、2000年頃は西福井駅付近[…]

底喰川河川改修工事とは

概要

・河川工事の目的:概ね 10 年に 1 回程度の確率で発生する降雨による洪水を安全に流下させ、福井市中心市街地における家屋や公共施設等の浸水を防止します。

・河川工事の場所:福井市乾徳 2 丁目地係~大願寺地係(JR橋梁)の約 2,480m区間。

・河川工事の種類:河道拡幅、河床掘削、護岸工

・整備にあたり配慮する事項:住宅密集地であるため、車や歩行者の通行など居住環境に極力影響を及ぼさないような工事工程、仮設工事を実施します。暫定計画断面により先行改修することで、上流域の度重なる浸水被害を早期に軽減します。

 

平面図

今回はフェニクス通りに架かる明道橋からお泉水通りまでを取材しました。

断面図

福井県サイトより引用、河川幅員が約3倍になります。

 

現在の様子

2021年3月27日の様子の続きです。

東環状線の橋上流付近

現在地

東環状線から後編を開始します。ここから上流側はこれから整備される区間です。

 

袴鶴橋

マツダの南西側にある袴鶴橋です。

 

下流側。

 

上流側。

 

北陸マツダの福井本店跡地です。広い更地が広がっています。

 

横縄橋付近

護国橋の1本上流の橋です。

現在地

 

下流側。住宅の立ち退きが進み、左岸側に更地が広がっています。

 

15mほど南側にセットバックして家が建てられています。新しい道路は車庫の前に作られるでしょう。

 

上流側

 

河川拡幅予定地は県有地になっています。

 

宮前橋付近

宮前公園の南東部にある橋です。

河川の左岸側の住宅でまだ残っている住宅があります。

 

その住宅の後ろでは新しい家を建設中でした。もしかしてと思い、表札と施主を確認したら同一人物でした。左側の家が完成したら右側の旧家が解体されます。

 

ほんまち橋1本上流側の橋付近

お泉水通りの旧道の橋です。下流側、見た目新しい家もそのうち更地になるでしょう。

 

上流側。ここも左岸側の住宅が解体され更地になっています。

 

千日橋(お泉橋通り)付近

お泉水通りからです。

 

順調に現在工事~お泉水通りの間では立ち退きが進んでいます。数年後にはこの辺りまで工事が到来するでしょう。

 

 

以上、底喰川文京1丁目工区改修工事状況(後編) 2021.3でした。

 

〇前記事は下記リンクより、底喰川文京1丁目工区河川改修工事状況(前編) 2021.3

前に戻る

福井市文京1丁目の底喰川(そこばみがわ)では河川改修工事を行っています。ここでは2021年3月現在の工事の状況を紹介します。 底喰川の河川改修工事は昭和の頃より下流側から10年単位で毎年少しずつ行われており、2000年頃は西福井駅付近[…]

福井市インフラ整備情報