ハニー跡地再開発オフィス棟の建築計画が公表されました 2020.2

福井駅西口のハピリン横で進められている中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業、通称「ハニー跡地再開発」の北東に建設されるオフィス棟の建築計画が公表されました。ここではオフィス棟の建築計画について紹介します。

オフィス棟の概要

ハニー跡地再開発について

ハニー跡地再開発事業は4棟の複合ビルで構成されています。下記図でA棟(共同住宅・スーパー)と記載されている建物は「デュオヒルズ福井駅前」として2019年4月3日より建設が進められています。今回新たに建築計画が公表されたのは下記図でD棟(オフィス)と書かれている建物になります。事前の報道では4階建てでしたが3階建てに変更されたみたいです。

 

オフィス棟の建物の概要

・事業名称:中央1丁目10番地区優良建築物等整備事業 B棟 新築工事

・所在地:福井市中央1丁目1822番1

・開発事業者:元町開発(株)

・工期:2020年4月1日~2021年3月31日

○建築物の概要

用途 事務所 敷地面積 163.66m2
建築面積 150.60m2 延床面積 459.29m2
構造 鉄骨造 高さ 14.30m
階数 地上3階、地下0階 棟数 1棟

建築計画のお知らせが2020年1月31日に現場に張り出されました。

【2020/5/24追記】

施工は田中建設・MILKEN(三谷組)JVに決定しました。

 

完成イメージ

北陸工業新聞社サイトより引用

 

オフィス棟には何のテナントが入るのか

オフィス棟には金融機関などが入る予定です。再開発エリアには元々福井信用金庫駅前支店がありましたが、末期は窓口業務は行わず、キャッシュコーナー(ATM)のみが稼働しているだけでした。

 

 

再開発地区の既存建物解体前の様子(2017年1月上旬撮影)

既存建物解体前の様子

2019年3月現在、ハピリン西側の福井市中央1丁目10番地北側では再開発事業(通称:ハニー跡地再開発)で4棟の複合ビルの建設が進んでいます。ここでは私が営業中に記録したハニー食市場北の庄及びその周辺建物の在りし日の姿をお伝えします。 ハニ[…]

 

 

建築場所

山口第一ビル(カラオケ屋)の北側、スクランブル交差点に面している角に建築されます。

現在の様子(2020.2)

2020年2月上旬頃の様子です。

スクランブル交差点に面している角に3階建てのオフィス棟が建設されます。高さが約15mなので横のビルと同じぐらいの高さでしょうか。

 

ユアーズホテルの前付近からハピリンのドームが見えるのも今だけですね。オフィス棟が建ちますとハピリンの低層階は見えなくなります。

 

建設予定地、現在はマンション建設の資材置き場として使用されています。来年の今頃(2021年2月)には建物の外観は完成し、内装作業が行われている状態のはずです。

 

駅前電車通りに面している工事ゲートの左側に建築計画のお知らせが張り出されていました。

 

エラーを起こしている液晶パネル

 

仮囲いの張り紙はこまめに張り替えられているみたいです。

以上、ハニー跡地再開発オフィス棟の概要でした。

 

福井駅前再開発情報一覧へ