【三角地帯再開発A工事記録4】(2020.10)街区封鎖

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。ここでは2020年10月1日の再開発エリア街区の様子を紹介します。

 

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録3】中央通り南側歩道のギャラリー

前に戻る

中央通りの歩道には越前・若狭の今を紹介するギャラリーボックスが設置されています。南側(再開発エリア北側)のボックスは三角地帯再開発に伴い撤去されるため、歩道閉鎖前日の2020年9月30日に撮影しました。 〇前記事は下記リンクより、【三[…]

 

三角地帯再開発事業とは

建築物の概要

・事業名称:駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目3番街区の一部、4番街区

・建築主:市街地再開発組合(予定)

・工 期:2020年12月~2023年3月(予定)

住宅棟 駐車場棟 ホテル・オフィス棟
階数 地上28階 地上9階 地上27階、地下1階
高さ 約100m 約36m 約120m
用途 住宅

高層部:一般向け約110戸(13F~28F、9・7・5戸/1フロアあたり)

中層部:シニア向け110戸(3F~12F、11・7戸/1フロアあたり)

低層部:商業(1F)、住宅棟供用(2F)

上層部:駐車場(約300台)(2F~9F)

低層部:商業(1F)

高層部:コートヤード・バイ・マリオット福井

ホテル客室(16F~27F)、ホテルロビー(15F)、ホテルレストラン(14F)

中層部:オフィス(5F~12F)、機械室(13F)屋上広場(5F)

低層部:カンファレンスホール(3F)、フィットネスジム(中2F、2F)、商業(フードホール等)(1F)、屋内広場(1F)

A街区は主に3棟で構成されます。

〇三角地帯再開発事業の最新情報は下記リンクを

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

完成イメージ

 

←大名町交差点、福井駅→

建設場所

三角地帯再開発A街区のエリア(赤色で囲った範囲)は中央1丁目4番地と3番地で成り立っています。青色で囲った範囲は隣のB街区の再開発エリアです。中央大通りと駅前電車通りで囲まれた三角の3街区すべてが再開発対象エリアです。

2020年10月1日

2020年10月1日、街区封鎖当日です。

朝8:00頃

中央大通り歩道

9時から中央大通りの歩道と市道が封鎖されるため、直前の様子を見に行きました。

 

勝木書店北側です。警備員が立っています。

 

ユアーズホテルフクイ前では作業員がバリケードをもって封鎖準備をしていました。

 

県庁入口交差点

後1時間でこの交差点の車道は丁字路になります。

 

廃止市道の最後の姿です。

 

バリケードに囲まれていない最後の三角地帯です。

 

 

昼12:00頃

閉鎖時間から3時間だったお昼12時頃です。交差点の右折レーンはカラーコーンが置かれ「右折禁止」の看板が設置されていました。

 

響きのホールの前にはバックホウが登場しました。

 

県庁入口交差点

南側と西側の横断歩道が通行できなくなりました。

 

廃止市道の前にはバリケードが設置され、一般車両の通行ができなくなりました。

 

左折マークが消されています。

 

歩道も通行できなくなりました。

 

ユアーズホテルフクイの前ではさっそくバックホウが動いています。

駅前電車通り側

廃止市道の南側もバリケードが設置されました。

 

駅前電車通り北側(再開発エリア南側)歩道は工事中でも通行できるため、横断歩道部には2ラインのバリケードが設置されました。

 

駅前電車通り北側歩道

歩道を進みます。まだ整備されて15年ほどのきれいな歩道です。

 

歩道上に重機が置かれています。

 

おそらく各建物に取りついている水道管の閉塞作業をしています。

 

この作業は各建物の前で行われていました。

 

勝木書店付近

勝木書店北側です。バリケードが置かれています。

 

廃止されたすまいるバス駅前商店街バス停、バス停は西へ40m移設されました。

 

中央大通りの車道は1車線が工事ヤードとして使われるため1車線に規制されています。

 

移設先のすまいるバス停

 

最後に中央大通り反対側から、この街並みが見られるのも後数週間です。

〇続き記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録5】(2020.10)アーケード解体開始

次に進む

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。ここでは2020年10月以降の既存建物解体の様子を紹介します。   〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録4】(2[…]

 

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録3】中央通り南側歩道のギャラリー

前に戻る

中央通りの歩道には越前・若狭の今を紹介するギャラリーボックスが設置されています。南側(再開発エリア北側)のボックスは三角地帯再開発に伴い撤去されるため、歩道閉鎖前日の2020年9月30日に撮影しました。 〇前記事は下記リンクより、【三[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

〇【三角地帯再開発A工事記録1-1】(2019.4)中央1丁目4番地南側の着工前の様子、工事記録最初のページです。

はじまり

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ