【三角地帯再開発A工事記録71】(2022.5)仮囲いのラッピングが更新されました

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。建設現場を囲っている仮囲いに貼られているラッピングは2021年3月に設置されましたが、それから1年がすぎ、新しいラッピングに更新をされました。ここでは2022年5月中旬現在のラッピングの様子を紹介します。

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録70】(2022.5)ホテル・オフィス棟鉄骨組上②

前に戻る

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。ここでは2022年5月中旬現在の様子を紹介します。 〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録69】(2022.5)ホテル・オフィス棟[…]

三角地帯再開発事業とは

建築物の概要

・建築物の名称:福井駅前電車通り北地区A街区市街地再開発事業施設建築物 新築工事

・所在地:福井市中央1丁目3500番

・建築主:福井駅前電車通り北地区A街区市街地再開発組合

・工期:2021年10月15日~2024年8月31日

用途 ホテル、事務所、集会場、店舗、駐車場、共同住宅 敷地面積 6,951.03m2
建築面積 6,004.46m2 延床面積 71,362.55m2
構造 鉄骨造一部鉄筋コンクリート造 高さ 114.58m(都市計画決定の高さは最大130m)
階数 地上28階、地下0階 棟数 1棟

A街区は主に3棟で構成されます。

〇三角地帯再開発事業の最新情報は下記リンクを

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

完成イメージ

 

←大名町交差点、福井駅→。出典:再開発組合サイト(https://fukui-saikaihatsu-a.com/)

建設場所

三角地帯再開発A街区のエリア(赤色で囲った範囲)は中央1丁目4番地と3番地で成り立っています。青色で囲った範囲は隣のB街区の再開発エリアです。中央大通りと駅前電車通りで囲まれた三角の3街区すべてが再開発対象エリアです。

 

2022年5月15日

2022年5月15日の様子です。

〇前回のラッピングは下記リンクをごらんください。

2021年

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。工事期間中、再開発エリアは高さ3mの仮囲いで囲まれています。そのままでは殺風景ということで再開発組合と福井市は仮囲いに情報発信のラッピングが260mに[…]

ラッピングの概要

再開発エリアを多くの人に身近に感じてもらうことを目的に2021年3月下旬、再開発組合と福井市は工事用仮囲い(高さ3m、延長260m)にラッピングを施しました。その一部が2022年3月末に更新されました。

 

みらい郵便(東側)

北東角から反時計まわりで紹介していきます。

 

東側の仮囲いには「みらいゆうびん」と題し、手紙がはられています。

 

未来に向けて手紙を届けるプロジェクトで、再開発後の姿がどんな風になるかが書かれています。

 

みらいゆうびんの隣は「FUKUI ART GALLERY」です。紹介されるアーティストは定期的に入れ替えられます。

 

さらに隣ののぞき窓は変わらず。

 

マンション広告(南西角)

南東角にはタワーマンションの広告が張られました。

 

3階~12階は老人向けのシニア住宅、13階~28階は一般向けの分譲住宅となっています。

 

福井写真館(南側)

写真が更新されました。「街が変わる、あなたが変わる。」をテーマに福井駅前の写真が貼られています。

 

街が変わる、あなたも変わる。

 

エリアでみる福井駅周辺の将来像

「エリアでみる福井駅周辺の将来像」は変わりなしです。

 

 

工事看板(北東角)

北東角の仮囲いには工事看板が張られています。

 

 

 

北面キャッチコピー(中央大通り側)

「主体的に幸せをつくっていこう」という方針で4つのメッセージが掲げられています。以下公式サイト(https://fukui-saikaihatsu-a.com/wrapping/)より引用。

 

『この4つのメッセージは相互に支え合いながら、大きなひとつの関係性を構築しています。

1)Change:福井の多様なプレイヤーたち。それぞれが挑戦を起こしていこう。→「BE THE CHANGE 変化になれ」
2)Resilience:複雑な社会課題や、実現を阻む困難を前にしても、しなやかに変化し、乗り越えていこう。→「BE FLEXIBLE 柔軟な回復力」
3)Open-minded:めぐりあわせを大事にしあい、刺激しあいながら、お互いが自由に変化していくことを尊重し、支え合っていこう。→「OPEN-MINDEDNESS 寛容さ」

上記の1)〜3)のサイクルをまわしつづけることで、他人任せのしあわせではなく、「手づくりのしあわせ(Handmade Happiness)」をつくっていこう。』

 

オシャレなアルファベットが並んでいます。「BE THE CHANGE 変化になれ」

 

「HAPPINESS IS HANDMADE 幸福は手作りだ」

 

以上、【三角地帯再開発A工事記録71】(2022.5)仮囲いのラッピングが更新されました でした。

〇続き記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録72】(2022.5)ホテル・オフィス棟鉄骨組上③

次に進む

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。ここでは2022年5月下旬現在の様子を紹介します。 〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録71】(2022.5)仮囲いのラッピング[…]

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録70】(2022.5)ホテル・オフィス棟鉄骨組上②

前に戻る

福井駅前三角地帯では再開発事業として福井県内で最も高い超高層ビルの建設が進められています。ここでは2022年5月中旬現在の様子を紹介します。 〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録69】(2022.5)ホテル・オフィス棟[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

〇【三角地帯再開発A工事記録1-1】(2019.4)中央1丁目4番地南側の着工前の様子、工事記録最初のページです。

はじまり

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ