【三角地帯再開発B工事記録3-2】(2022.3~2022.5)再開発に向け閉店していく店②

2022年5月、再開発ビル建設に向けて既存の建物の解体工事が始まります。それに伴い、既存のお店が次々閉店していきました。ここでは三角地帯再開発B街区内の2022年2月から2022年5月までに閉店した店の様子を閉店月順に紹介します。

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録3-1】(2021.8~2022.2)再開発に向け閉店していく店①

前に戻る

2022年5月、再開発ビル建設に向けて既存の建物の解体工事が始まります。それに伴い、既存のお店が次々閉店していきました。ここでは三角地帯再開発B街区内の2021年8月から2022年2月までに閉店した店の様子を閉店月順に紹介します。 〇[…]

三角地帯再開発事業Bとは

概要

・事業名称:駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目5番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2022年春~2024年春(予定)

・主目的:医療・福祉、商業等

・敷地面積:約1,132m2

・建築面積:約1,000m2(延床面積約7,161m2)

・高さ:約33.5m(地下1階、地上8階)

・費 用:約48億円

・備考:電車通り沿いの歩道を1m拡幅します。

建物の概要

階数 用途 具体的内容
4~8階 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)45戸 4,5,7,8階の4か所に地域交流施設、7階には地域交流施設とつながる屋外広場
3階 クリニック、通所リハビリの医療福祉施設
1~2階 商業施設 2階には子育て支援施設(子供預かり所、親子カフェ)

完成イメージ

出典:UD consultants(https://www.ud-c.co.jp/changelog/fukuiekimae-news20210128/)

 

建設場所

三角地帯再開発B街区のエリア(青色で囲った範囲)は中央1丁目5番地です。赤色で囲った範囲は隣のA街区の再開発エリアです。中央大通りと駅前電車通りで囲まれた三角の3街区すべてが再開発対象エリアです。

2022年3月閉店

2022年3月に閉店したお店です。

上の写真は2022年3月11日に撮影

FAN FAN

2022年3月13日に閉店しました。

2月22日

バー「FAN FAN」です。バーなため、夕方から営業します。

 

4月3日

3月13日に閉店しました。

 

1969年11月23日に幅岸マスターの店として開業、2008年に現在の堀川マスターに変わり、53年の歴史がありました。2022年4月5日、南西100mほど行ったところにある東ビルに「BAR堀川」としてオープンしました。マスターは現役の福井市議会議員です。

 

 

京福バス待合所

2022年3月25日に閉鎖しました。

3月11日

京福バスの待合所です。閉鎖を告げる告知はまだありません。

 

4月3日

窓はブラインドが下ろされ、看板は撤去され、昔の看板が姿を現していました。

 

バス待合所閉鎖を告げるお知らせ。

 

ピッコロ ターヴォロ

2022年3月28日に閉店しました。

2月22日

イタリア料理店「ピッコロ ターヴォロ」です。閉店を知らせる張り紙はありません。

 

 

4月3日

3月28日に閉店しました。

 

2021年9月1日にオープンと、再開発エリアで一番新しい店舗でした。店舗はあわら市に移転しました。人気店だったのですが市外に行ってしまうのですね。

 

福井駅前商店街振興組合

3月末頃閉鎖。

4月3日

五十嵐ビルに入居していた福井駅前商店街振興組合が移転しました。

 

元々はビル7階に入居していましたがエレベーター故障により、2022年2月頃に1階に移転していました。

 

電車通り沿いの大岡ビル3階に移転しました。

 

2022年4月閉店

2022年4月に閉店したお店です。

街区全体

2022年4月3日に撮影した街区全体の写真です。大名町交差点から。

 

すまいるバスのバス停です。

 

工事が始まるとバス停は一時的に移動すると思われます。

 

30分間隔が崩れてから早数年。

 

 

 

旧ふじいや文具の前にはカラーコーンが置かれていました。何か作業が行われるのでしょうか。

 

ふじい

2022年4月1日に閉店しました。

2月22日

時計・宝石「ふじい」です。2021年年末から閉店セールを実施しています。

 

 

3月11日

3月11日時点ではまだ営業していました。

 

2022年4月1日(金)に閉店する告知が出されました。

 

4月3日

南側です。シャッターが下ろされています。

 

北側です。ビル自体に入れなくなっていました。

 

店舗の移転先です。

 

閉店のお知らせ。仮店舗は2022年4月15日にオープンします。

 

ビル内部をのぞくと後片づけが行われていました。

 

4月13日

4月13日です。

 

シャッターは閉まっていますが、入り口は空いており、左の事務所の電気がついていました。

 

6月20日

6月20日です。U-canビルの設備撤去が行われています。中央大通り側(北側)の自販機が撤去され、昔の看板が姿を現しました。まさかの旧アニメイト福井店の看板がでてくるとは。

 

マツヤデンキだと!?

 

三角地帯B街区再開発組合事務所は2022年5月20日に移転しました。

 

 

以上、2022年3月~5に再開発に向け閉店したお店 でした。

 

〇続き記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録3-3】(2022.6)再開発に向け閉店していく店③

次に進む

2022年5月、再開発ビル建設に向けて既存の建物の解体工事が始まります。それに伴い、既存のお店が次々閉店していきました。ここでは三角地帯再開発B街区内の2022年6月以降に閉店した店の様子を閉店月順に紹介します。 〇前記事は下記リンク[…]

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録3-1】(2021.8~2022.2)再開発に向け閉店していく店①

前に戻る

2022年5月、再開発ビル建設に向けて既存の建物の解体工事が始まります。それに伴い、既存のお店が次々閉店していきました。ここでは三角地帯再開発B街区内の2021年8月から2022年2月までに閉店した店の様子を閉店月順に紹介します。 〇[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

〇三角地帯再開発A街区の着工前(2019.4)の様子は下記リンクより

4番地南側

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

〇三角地帯再開発B街区の着工前(2019.4)の様子は下記リンクより

5番地南側

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では医療・福祉系の複合ビルが建設される駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の中央1丁目5番地南側の2[…]

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ