ラニイ福井貨物福井支店が福井IC近くに移転します 2019.12

トラック運送のラニイ福井貨物(西開発3)が福井インター近くに移転します。現在、移転先の福井市和田中町で新事務所建設のための敷地造成工事が行われています。ここでは2019年12月現在の様子を紹介します。

ラニイ福井貨物とは

概要

ラニイ福井貨物とは福井市開発3丁目に本社を構える運送業者です。1928年に福井市内で創業、駅に到着した貨物を荷車や荷牛馬車で運ばれていた時代において、迅速で効率的なトラック輸送で成長していきました。2019年には旧社名の福井貨物自動車株式会社から現在のラニイ福井貨物株式会社に社名が変わりました。

 

会社位置

福井県福井市開発3丁目204-3にあります。

 

事務所写真

本社事務所の敷地内に今回移転対象の福井支店の物流倉庫があります。

 

移転の経緯

ラニイ福井貨物福井支店では北陸、関西、中京および関東の各方面に8路線の特積運送を行っており、最大で一日あたり25便の運送を行っています。しかし、取扱貨物量に対し、現在の開発3丁目の荷捌き場の施設は狭く、朝夕を中心に貨物車両の出入りが集中し、限られた時間内に貨物の仕分けや積載を行う必要があることから貨物破損等が頻発しています。また、日常的に処理能力以上の集荷依頼を断っており、多くの荷主から荷物を集め、各都市に運行している定期便で荷物を届ける特積運送事業者としての役割に制限がかかっています。

今回広い敷地に移転することで、将来の需要増加にも対応でき、施設内での貨物破損等の事故の減少や取扱貨物の処理能力向上による集荷依頼の断りの減少が見込まれます。

 

福井県報より抽出

 

移転先の場所

中部モータースの裏が移転先です。

 

現在の様子(2019年12月現在)

造成範囲

現地に設置されていた測量ポールから推測しました。赤線で囲った範囲で造成エリアです。

①国道416号交差点付近

この交差点が物流倉庫へのメイン入口になると思われます。

奥の田では造成工事が進めれています。手前の田にも測量ポールが建っているので今後埋め立てられると思います。

②中部モータース付近

中部モータースを囲むようにラニイ福井貨物福井支社が建設されます。

数か月後には写真の一面の田が埋め立てられます。

 

③農道入り口付近

造成エリア内にある農道は舗装され、用水路は蓋がされるのでしょうか。

 

農地転用許可済証明書

 

 

埋め立て材にはズリが使われています。

 

④東角付近

造成工事が進んでいます。

 

⑤農道付近

造成に向けた準備がされています。

⑥北西角付近

測量ポールは手前の田にはなかったので、この田は今後も残ると思われます。

 

農道の交差点に国道の消雪のポンプと制御盤がありました。

 

以上、2019年12月現在の様子でした。造成が完了しましたら石黒建設により、建物の建設工事が始まります。

〇続き記事は下記リンクより、ラニイ福井貨物福井支店の建設工事記録 2020.3

次に進む

トラック運送のラニイ福井貨物(西開発3丁目)が福井インター近くに移転します。現在、移転先の福井市和田中町で新事務所建設のための敷地造成工事が行われています。ここでは2020年3月現在の様子を紹介します。   〇前記事は[…]

 

 

福井市再開発情報一覧へ