【繊協ビル建替工事記録14-1】(2021.8)新ビルの内部紹介①

福井県繊協ビルは建替え工事の一期工事としてオフィス棟(業務棟)の建設が進められ、2021年8月2日に竣工しました。新ビルは引っ越しが終わったテナントから営業が開始され、2021年10月にグランドオープンします。縁があり、竣工後のビル内部を取材できたため、ここでは新ビル内部の様子を紹介します。その1。

 

〇前記事は下記リンクより、【繊協ビル建替工事記録13】(2021.8)旧繊協ビルの現在の様子

前に戻る

福井県繊協ビルは現在建替え工事の一期工事としてオフィス棟の建設が進められています。新繊協ビルは8月2日に竣工、32テナントが契約しています。そのうち18テナントが旧繊協ビルからの移転で、現在は引っ越し作業が行われています。旧ビルは9月から取[…]

新繊協ビルの概要

・事業名称:(仮称)新福井県繊協ビル

・所在地:福井市大手3丁目901-1,902-2

・建築主:一般社団法人 福井県繊協ビル同業会

・工期:2020年5月1日~2023年9月25日

※業務棟、ホテル棟、駐車場棟を含んだ告知です。

用途 事務所 敷地面積 3,436.84m2
建築面積 2,716.9m2 延床面積 22,124.30m2

業務棟:9,686.07m2

構造 鉄骨造

一部鉄筋コンクリート

高さ 55.432m
階数 地上12階、地下1階 棟数 1棟

 

新繊協ビルは業務棟、ホテル棟、駐車場棟の3棟で構成されます。

業務棟:地上12階、地下1階(2021年8月完成)

フロア構成:1階 飲食店、2階 医療関係、3~4階 学習塾、5~9階 オフィス、10階 レストランとホール、屋上 ビアガーデンができるスペース

ホテル棟:地上10階、ドーミーインの高級和風ブランドである「御宿野乃福井」が入居予定(2023年秋完成予定)

駐車場棟:自走式6階7層、駐車場台数196台(2023年夏完成予定)

建物の概要

建替え計画が進められている新繊協ビルの建築計画が公表されました。ここでは新繊協ビルの建築計画について紹介します。   新繊協ビルの概要 建替え計画について 現在の繊協ビルは10階建ての建物と平面駐車場(バスター[…]

新しい繊協ビルのフロア構成

階数 主な用途 特徴
屋上 大名町テラス ビアガーデンなどができるスペース(約450m2)、福井都心を一望できます。県内最高地点のビアガーデンを計画しています。
10階 レストラン、ホール レストランフロア
5~9階 オフィス 6階には貸し会議室4室、繊維関係の団体や企業が入ります。
3~4階 学習塾 学習塾、予備校
2階 医療関係 眼下、内科、
1階 飲食店 飲食店5店舗、エレベーターホールには笏谷石が使われます。

2021年8月現在の情報

 

新ビル内部

2021年8月上旬の様子です。ビルは完成しましたが、各テナントの内装作業が行われています。

通常のエレベーター内部です。非常用エレベーター内には11階(屋上)のボタンがありました。

 

屋上

屋上フロア図です。屋上は福井市都心を一望できる「大名町テラス」と名付けられ、今回の建て替え事業の目玉の一つとなっています。

各フロア図とも左が北側、右が南側になっています。

 

屋上に設置されているフロア図です。

 

屋上屋内通路

屋上階の屋内通路です。南側→北側を撮影。

 

エレベーター降りた正面に屋上へのドアがあります。

 

反対側

 

トイレ前から南側を撮影

 

屋上屋外

最上階の屋上から紹介します。

 

 

右側の奥内スペースは厨房です。屋上では福井県内で最も高所にあるビアガーデンが計画されています。

 

屋上の北側です。

 

屋上は1機のみですがエレベーターで直結しています。

 

北西角から屋上全体を見ます。

 

北東角から屋上全体を見ます。真の最上階である塔屋2階(12階)は機械室です。

 

屋上からの展望

北側

片町方面です。

 

ホテルフジタ方面です。

 

市役所・中央公園方面です。

 

福井駅に入線するサンダーバード

 

東側

三角地帯方面です。

 

三角地帯再開発A街区の建設現場です。現在は更地のため、ハピリンや電車通りが見えますが、ビル建設が本格化するとハピリン自体も見えなくなりそうです。

関連記事

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

南側

フェニックス通りと幸橋方面です。

 

北陸新幹線が文殊山からS字カーブを描き、福井市街に入ってくる様子がわかります。

 

北陸新幹線の新しい撮影地になりそうです。

 

西側

2020年12月に完成した福井銀行本店です。

 

関連記事

福井最大の交差点・大名町交差点、その一角を占めているのが福井銀行本店です。現在、2020年12月完成を目指して、本店ビルの建て替え工事が進められています。ここでは2018年3月16日を持って営業を終えた本店ビルの解体の姿を紹介します。201[…]

 

片町方面です。

 

10階

10階フロア図です。10階は旧ビルの8階と同様ホールとレストランフロアです。

 

10階に設置されているフロア図です。

 

10階廊下です。カーペットの色は各階で異なっており、10階は赤色です。南側→北側を撮影。

 

廊下の南端、レストランの入居が予定されている扉です。

 

 

北側→南側を撮影。

 

 

エレベーター横にあるロビーです。

 

ロビーには喫煙所があります。

 

旧ビルの屋上が見下ろせます。

 

屋上は資材置き場として使われています。

旧ビルは2021年9月から解体が始まり、跡地は立体駐車場が建設されます。

 

まだ足場が残っています。

 

9階

9階フロア図です。9階はオフィスフロアです。

 

9階に設置されているフロア図です。

 

カーペットの色は緑色です。

 

 

8階

8階フロア図です。8階はオフィスフロアです。

 

8階に設置されているフロア図です。

 

カーペットの色はオレンジ色です。

 

 

7階

7階フロア図です。7階はオフィスフロアです。

 

7階に設置されているフロア図です。

 

カーペットの色は青色です。

 

 

続く。

〇続き記事は下記リンクより、【繊協ビル建替工事記録14-2】(2021.8)新ビルの内部紹介②

次に進む

福井県繊協ビルは建替え工事の一期工事としてオフィス棟(業務棟)の建設が進められ、2021年8月2日に竣工しました。新ビルは引っ越しが終わったテナントから営業が開始され、2021年10月にグランドオープンします。縁があり、竣工後のビル内部を取[…]

〇前記事は下記リンクより、【繊協ビル建替工事記録13】(2021.8)旧繊協ビルの現在の様子

前に戻る

福井県繊協ビルは現在建替え工事の一期工事としてオフィス棟の建設が進められています。新繊協ビルは8月2日に竣工、32テナントが契約しています。そのうち18テナントが旧繊協ビルからの移転で、現在は引っ越し作業が行われています。旧ビルは9月から取[…]

併せて読みたい記事

〇新繊協ビルのまとめページです。

最新情報

ここでは福井県繊協ビル建替工事の新情報を時系列で紹介しています。新しい情報が出る毎に追記します。 工事記録 工事開始前 建替え工事開始直前に撮影した繊協ビルの姿です。※1は未作成です。 2020年2月中旬 〇福井県繊協ビルの建替え[…]

 

〇新繊協ビルの概要です。

新繊協ビルの概要

建替え計画が進められている新繊協ビルの建築計画が公表されました。ここでは新繊協ビルの建築計画について紹介します。   新繊協ビルの概要 建替え計画について 現在の繊協ビルは10階建ての建物と平面駐車場(バスター[…]

 

繊協ビル建替関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ