熊谷組福井本店が立替えられます 2020.5

福井市中央2丁目にある熊谷組福井本店が立替えられます。既存建物の解体は完了しており、2020年7月より新ビルの建設が始まり、2021年4月末に完成します。ここでは熊谷組福井本店の新ビルについて紹介します。

 

熊谷組福井本店とは

概要

熊谷組は福井発祥の準大手ゼネコンです。トンネル工事に定評があり、青函トンネルや関門トンネルなどに携わってきました。また、新宿野村ビルディングや台北101など日本国内外で数多くの超高層建築を手がけています。その創業地である福井本店の建替計画が現在進められています。4階建ての旧本店ビルは2019年に解体され、現在は更地になっています。熊谷組が直営で設計と施工を行い、2020年7月1日に着工、2021年4月30日の完成を目指しています。

 

建築物の概要

・建築物の名称:福井本店建替計画

・所在地:福井市中央2丁目6-8

・建築主:株式会社 熊谷組

・工期:2020年7月1日~2021年4月30日

用途 事務所 敷地面積 565.51m2
建築面積 292.29m2 延床面積 1,148.60m2
構造 RC造 高さ 19.97m
階数 地上4階 棟数 1棟

建築計画のお知らせ

 

建設場所

2020年5月頃の様子

2019年5月17日の様子です。

全体

既存の建物の解体は完了しており、更地になっています。

 

熊谷組福井本店 建設地の看板が設置されています。

 

道路を挟んで隣地に10階建ての分譲マンション「ビブレ中央」がありますが、元々は熊谷組の創業者「熊谷三太郎」氏の屋敷がありました。熊谷組2代目社長で熊谷三太郎の二男である「熊谷太三郎」氏は戦後に福井市長を務め、震災復興に尽力しました。熊谷家の屋敷は2010年に取り壊され、現在のマンションが建設されました。

 

以上、2020年5月の様子でした。今後動きがあれば順次更新していこうと思います。

福井駅前再開発情報一覧へ