東郷地区で区画整理事業が行われます 2020.6

JR越美北線 越前東郷駅東部の田園地帯に民間主体の区画整理事業が予定されています。ここでは区画整理事業の概要と現地の様子を紹介します。

現在、区画整理組合設立準備が行われており、2020年早期に本組合が設立される予定です。地権者は20人で、組合が音頭を取り、民間業者が実務を行う、業務代行土地区画整理事業として実施されます。

 

東郷区画整理とは

目的

民間活力の活用・誘導により一体的な都市基盤施設の整備と住宅地としての土地利用を図り、豊かな自然環境に囲まれた閑静な住宅地を作ります。

概要

通称「東郷区画整理」

・事業名称:東郷駅東部土地区画整理事業

・所  在  地:上毘沙門町1字の一部、小路町1字、5字、6字の一部、中毘沙門町34字の一部

・開発事業者:未定(事務局はエーシン本社に置かれています)

・工     期:~2023年3月末

・主  目  的:住居

・施工面積:23,800m2

・費    用:3憶3000万円

・整備内容:区画整理道路 919.2m、水路 193.2m、公園 1337.6m2、調整池

 

 

区画整理エリア

報道された地番と現地の様子から施工範囲を推測しました。

撮影場所は青ピンで表示しています。

現地の様子(2020年6月)

越前東郷駅

福井市東部にある東郷地区にやってきました。1971年、福井市に合併するまでは足羽町の中心市街地で足羽町役場や各行政機関がありました。足羽町役場は現在の東体育館のところにあり、現在も福井市役所東足羽連絡所が設置されています。

区画整理の現場は越前東郷駅から東へ300mほど行った田園地帯です。

南東角

区画整理エリア南東角付近から紹介します。報道記事では施工場所の住所しか書いてなかったため、地図でおおよその範囲を推測してから現地に来ましたが、区画整理エリア内の田畑は耕作されていないため、施工範囲がはっきりしました。

越美北線の線路の近くです。

 

南西角

南西角です。

 

西側

西側にある斜め道路です。道幅が狭いため、区画整理に併せ拡幅されるのでしょうか。

 

田んぼだった場所は雑草が生い茂っています。

 

三又交差点

三又交差点付近です。区画整理エリアが見渡せます。

西側地点からの狭い斜め道路です。

 

北側

北側です。

 

越美北線 第1上毘沙門踏切

区画整理エリア北側にある踏切です。上毘沙門の集落に至ります。

 

東郷の街中は幹線道路が狭く、曲がりくねっているので、街を迂回するバイパス道路を作ってほしいです。東郷駅北側も圃場整備が行われていないためそのうち何かしらの開発が行われる可能性が高いと思います。

以上、東郷区画整理事業の紹介でした。今後、定期的に現地を訪問し、動きがあれば記事にしていきます。

 

福井駅前再開発情報一覧へ