一乗谷朝倉氏遺跡博物館建設の様子 2020.10

福井市・一乗谷に朝倉氏遺跡に関連する新しい博物館「一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)」ができます。2022年10月の開館を目指し、現在工事が行われています。ここでは2020年10月現在の工事の様子を紹介します。

 

〇前記事は下記リンクより、一乗谷に新しい博物館ができます 2020.8

前に戻る

福井市・一乗谷に朝倉氏遺跡に関連する新しい博物館「一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)」ができます。2022年10月の開館を目指し、現在工事が行われています。ここでは2020年8月現在の工事の様子を紹介します。   〇前記事[…]

一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)とは

博物館概要

既存の福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の道路を挟んで反対側、越美北線一乗谷駅の北側の約1万m2の敷地に鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造り2階建ての博物館(延べ床面積約5,200m2)と駐車場を整備します。外観は切り妻屋根の土蔵が5棟並んだ見た目で、緑豊かな周辺景観とあうようにライトグレーの色合いとします。館内には、戦国期に川湊があったことを示す石敷遺構の現物をそのまま露出展示します。戦国城下町の町並みや当時の人々の営みを再現した巨大ジオラマを設置するほか、朝倉館を原寸で再現し、当時の行事などを体験できるようにしたり、カフェレストランやショップなども設ける予定です。

博物館は2棟で構成され、建設中の新館を「展示・ガイダンス棟」、現在の資料館および隣接する県埋蔵文化財調査センターの施設を「調査・研究、収蔵棟」として新館開館後にリニューアルします。新館建設費用と旧館改修費用併せて約49億8千万円。

 

外観イメージ

新館の外観イメージです。

福井新聞サイトより引用、越美北線一乗谷駅側から見た新博物館の完成イメージです。

建設場所

現在の資料館の西側、越美北線との間に建設中です。

 

2020年10月頃の様子

2020年10月25日の様子です。

南東角

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の前の県道から撮影、新博物館の大屋根が姿を現しました。完成イメージ図を見るとこの大屋根を中心に右側に小屋根が4棟続きます。

 

完成イメージ図

仮囲いには完成イメージ図が掲示されていました。

現場の様子

南東角のフェンスの隙間から撮影。

 

体育館みたいな作りをしていますね。内部は大空間が広がるでしょう。

 

南側道路から側面を撮影。

 

越美北線側

完成イメージ図にもあった南西角からです。完成後、建物2階にはガラス張りの窓がつきます。

 

西側

西側道路の真ん中あたりより。

 

1階はRC作り、上部がS造となっています。

 

北西角

北側はまだ鉄筋を組み立てています。

 

北東角

 

以上、2020年10月現在の様子でした。屋根ができますと建物のイメージがしやすくなりますね。

 

〇前記事は下記リンクより、一乗谷に新しい博物館ができます 2020.8

前に戻る

福井市・一乗谷に朝倉氏遺跡に関連する新しい博物館「一乗谷朝倉氏遺跡博物館(仮称)」ができます。2022年10月の開館を目指し、現在工事が行われています。ここでは2020年8月現在の工事の様子を紹介します。   〇前記事[…]

 

福井市再開発情報一覧へ