【三角地帯再開発A工事記録2】(2020.5~8)再開発に向け閉店していく店

2020年夏、再開発ビル建設に向けて既存の建物の解体工事が始まります。それに伴い、既存のお店が次々閉店していきました。ここでは三角地帯再開発A街区内の閉店していく店店の様子を紹介します。

 

〇営業中の様子は下記記事をご覧ください。

2019.4

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

2020年5月閉店

ユアーズホテルフクイ

6月1日

2020年5月31日をもって、ユアーズホテルフクイは閉館しました。4月半ばからは新型コロナウイルスの影響で、宿泊とレストランを休止しており、5月21日からレストランのみ営業を再開していましたが、宿泊は休業したままの閉館となりました。最後に泊まってみたかったが叶いませんでした。2023年春には世界最大のホテルチェーンの米マリオット・インターナショナルによる「コートヤード・バイ・マリオット福井」に生まれ変わります。

2020年6月1日の様子です。

 

自動ドアは開かず、扉には閉館を知らせる張り紙が貼られていました。地下1階のイタリアレストランは8月末まで営業を継続します。

 

中では片づけが行われています。1階の喫茶店のケーキはおいしいと評判でした。

 

〇ユアーズホテルフクイ

1979年開業、敷地面積1,230m2、地上10階地下2階、客室数75部屋。

 

7月1日

入り口には張り紙はたくさん貼ってあります。

 

西口地下駐車場からユアーズホテルの地下2階につながっていた連絡通路も封鎖されました。

 

ATMコーナーも閉鎖されました。

7月30日

ホテル閉店後もしばらく営業を続けていた1階の服屋も7月下旬頃に閉店しました。

 

店内は空っぽです。

 

 

2020年6月閉店

響きのホール

2020年6月30日に響きのホールは閉館しました。1階通路は開放されており、1階のカフェ跡地はフリースペースとなっています。6階のまちづくり福井の事務所は営業を続けています。

響きのホールは福井市が2001年に2億4千万円で購入した山一証券福井支店ビル跡地に、まちづくり福井が2004年に整備した音楽ホールです。地上6階地下1階、敷地面積447m2、延床面積2,478m2、整備費は11憶8千万円、本格的な音響、照明機器を備えた224席の多目的ホールのほか、音楽スタジオ、カフェレストラン、会議室などがあり、福井の音楽文化の拠点でした。

7月1日

閉館翌日です。1階のカフェだった場所はフリースペースとして開放されていました。

 

閉館のお知らせ

 

壁いっぱいに貼ってあったポスターもほとんどが撤去されました。

 

照明はついていますが、地下のスタジオにはいけなくなりました。

 

1階の通路はまだ自由に通行できます。トイレも利用可能です。

 

1階にあったお店は4月以降、再開せずに閉館の日を迎えました。

 

カフェだった場所はフリースペースとして自由に利用できます。

 

フリースペースのサービス内容です。

 

ご自由にどうぞ

 

北前船のカワモト

2020年6月30日にお土産屋「北前船のカワモト」は閉店しました。

現在は福井インター近くの福井物産館で営業しています。

 

サンステップ リプラス

気が付いたら閉店していました。

中は空です。

 

ニューキモトビル

1階は福井資本の串カツチェーン店「元祖串カツ あげマス 駅前店」、2・3階は絹美容室が入居していましたが、気が付いたら閉店していました。看板類も撤去済で、ベニヤ板が打ち付けられていました。

 

2020年7月閉店

美容室AOI

2020年7月22日に美容室AOIは閉店しました。

2020年8月閉店

2020年8月に閉店予定のお店です。

勝木書店福井駅前本店

2020年8月30日に閉店します。

 

福井薬局

2020年8月30日に閉店します。

80年あまり営業していました。

 

くりやま玩具

2020年8月31日に閉店します。

6月13日

商品は割引されていますがまだ豊富にあります。

 

 

店内から見たフクラム

 

7月30日

閉店前日です。新聞報道の影響もあり、賑わっていました。

 

自筆の閉店のお知らせ。くりやま玩具は1926年に毛矢町で開業し、手作りの乳母車や座椅子など子ども用品を扱っていました。終戦後、毛矢のお店が焼け落ちたため、1945年11月に駅前に店を移転し、荷物の預かり所を営んでいました。1950年頃より玩具の販売を開始、昭和時代は金属製の汽車や飛行機などを中心に販売し、平成のプラスチック製品を経て、現在はカード製品やフィギュア、エアガンなどを扱っています。私が子供だった90年代にはファミコンのソフトを売っていたのを覚えています。

 

商品はだいぶん減っており、中央の棚は撤去されていました。

 

棚が隙間だらけです。95年の歴史を幕を降ろします。

 

 

ニューニシオカ靴店

閉店日を示す張り紙はありませんが、同じビル内のおもちゃ屋の「くりやま」は8月末に閉店なので、同時期に閉店だと思います。7月頃より閉店セールをしています。

 

続く。

 

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発A工事記録1-4】(2019.4)中央1丁目3番地東側・北側の着工前の様子

前に戻る

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

〇営業中の様子は下記記事をご覧ください。

2019.4

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

〇【三角地帯再開発B工事記録1-1】(2019.4)中央1丁目5番地南側の着工前の様子

5番地南側

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では医療・福祉系の複合ビルが建設される駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の中央1丁目5番地南側の2[…]

 

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ