【三角地帯再開発B工事記録7】(2022.7)解体準備開始②

福井駅前三角地帯B街区では再開発事業が進められています。ここでは2022年7月中旬の様子を紹介します。

 

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録6】(2022.7)解体準備開始

前に戻る

2022年7月、ついに三角地帯再開発B街区の既存建物解体に向けての準備が始まりました。各所にカラーコーンや重機が搬入されています。2022年7月上旬の様子です。   〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録[…]

三角地帯再開発事業Bとは

概要

・事業名称:駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目5番街区

・開発事業者:市街地再開発組合(予定)

・工期:2022年春~2024年春(予定)

・主目的:医療・福祉、商業等

・敷地面積:約1,132m2

・建築面積:約1,000m2(延床面積約7,161m2)

・高さ:約33.5m(地下1階、地上8階)

・費 用:約48億円

・備考:電車通り沿いの歩道を1m拡幅します。

 

建物の概要

階数 用途 具体的内容
4~8階 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)45戸 4,5,7,8階の4か所に地域交流施設、7階には地域交流施設とつながる屋外広場
3階 クリニック、通所リハビリの医療福祉施設
1~2階 商業施設 2階には子育て支援施設(子供預かり所、親子カフェ)

完成イメージ

出典:UD consultants(https://www.ud-c.co.jp/changelog/fukuiekimae-news20210128/)

 

建設場所

三角地帯再開発B街区のエリア(青色で囲った範囲)は中央1丁目5番地です。赤色で囲った範囲は隣のA街区の再開発エリアです。中央大通りと駅前電車通りで囲まれた三角の3街区すべてが再開発対象エリアです。

2022年7月中旬頃

2022年7月10日の様子です。中央大通りと電車通りの西側歩道が通行できなくなりました。

北東角

北東角です。中央通りの車道に仮囲いが設置され、1車線+バス駐車帯がふさがれました。

 

工事ゲートです。

 

大手地下道の入り口はベニヤで養生されています。

 

通行できなくなった中央大通りの歩道

 

歩道通行止めの看板です。

 

現場内

 

奥には重機がいます。

 

南東角

南東角です。

 

スマイルバスのバス停までは通行できます。

 

スマイルバスのバス停

 

 

南西角

南西角です。

 

 

北西角

中央地下道の入り口前です。

 

地下埋設物の工事をしています。

 

拡大

 

 

大名町交差点からです。

今後はアーケードを解体した後、中央大通りの中央付近から建物の解体をはじめ、年内には更地化される予定です。

 

以上、【三角地帯再開発B工事記録7】(2022.7)解体準備開始 でした。

〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録6】(2022.7)解体準備開始

前に戻る

2022年7月、ついに三角地帯再開発B街区の既存建物解体に向けての準備が始まりました。各所にカラーコーンや重機が搬入されています。2022年7月上旬の様子です。   〇前記事は下記リンクより、【三角地帯再開発B工事記録[…]

併せて読みたい記事

〇福井駅前三角地帯再開発事業のまとめページです。

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

 

〇三角地帯再開発A街区の着工前(2019.4)の様子は下記リンクより

4番地南側

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では120mのホテル棟と100mのマンション棟が建設される駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」の中央[…]

 

〇三角地帯再開発B街区の着工前(2019.4)の様子は下記リンクより

5番地南側

現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。この記事では医療・福祉系の複合ビルが建設される駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発B」の中央1丁目5番地南側の2[…]

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ