福井駅前三角地帯A街区再開発ビルの平面図が公開 2020.8

福井駅前三角地帯再開発(駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業)A街区に建設される2つの高層ビルと駐車場の平面図が公開されましたので紹介します。これにより、再開発ビル各フロアの構成がわかりました。

 

再開発事業の内容

建物概要

通称「三角地帯再開発A」、100mクラスのツインタワーが福井駅正面に誕生します。

・事業名称:福井駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業

・所在地:福井市中央1丁目3番街区の一部、4番街区

・開発事業者:福井駅前電車通り北地区A街区市街地再開発組合

・工 期:2020年12月~2023年3月(予定)

・主目的:商業、宿泊(ホテル252室)、業務(オフィス)、ホール(1000人規模)住宅(マンション約220戸)、駐車場(約300台)等

・敷地面積:約6,900m2

・建築面積:約5,690m2(延床面積約72,100m2)

・高 さ:ホテル棟 約120m(地上27階、地下1階)、住宅棟 約100m(地上28階)(都市計画決定の高さは最大130m)

・費 用:約377億円

 

住宅棟 駐車場棟 ホテル・オフィス棟
階数 地上28階 地上9階 地上27階、地下1階
高さ 約100m 約36m 約120m
用途 住宅

高層部:一般向け約110戸(13F~28F、9・7・5戸/1フロアあたり)

中層部:シニア向け110戸(3F~12F、11・7戸/1フロアあたり)

低層部:商業(1F)、住宅棟供用(2F)

上層部:駐車場(約300台)(2F~9F)

低層部:商業(1F)

高層部:コートヤード・バイ・マリオット福井

ホテル客室(16F~27F)、ホテルロビー(15F)、ホテルレストラン(14F)

中層部:オフィス(5F~12F)、機械室(13F)屋上広場(5F)

低層部:カンファレンスホール(3F)、フィットネスジム(中2F、2F)、商業(フードホール等)(1F)、屋内広場(1F)

A街区は主に3棟で構成されます。

 

再開発のイメージ図

住宅棟が高さ約100m(28階建て)、ホテル・オフィス棟が高さ約120m(27階建て)です。

 

〇再開発ビルの詳しい事業内容は下記リンクより。

事業内容

福井駅前三角地帯再開発(駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業)A街区の事業計画の概要が発表されました。ここでは2019年11月22日現在の報道内容を紹介します。 福井県内にも100m超えの超高層ビルが建設されます。しかも2棟! […]

 

側面図

公開された平面図を元に再開発ビルの側面図を作成してみました。

 

 

再開発ビルの平面図

駅前をうろうろしていたら6月に閉館したユアーズホテルの正面玄関にこれから建設される再開発ビルの平面図が張り出されており、夢中で詳細図面を撮影&メモしました。

 

権利変換処分の公告

一番上には権利変換の処分の公告が貼られていました。この公告は再開発事業着手に必要な行政手続きが完了したことを示しており、8月28日以降ならいつでもビルの建設が始められます。

 

それでは各階の平面図を見ていきましょう。階数はオフィス・ホテル棟を基準にしています。平面図はガラスに貼られていたので反射がひどく撮影がしにくかったです。

1階・中2階

 

1階拡大

1階は主に商業フロアです。住宅棟・立体駐車場の入り口は北側の中央大通り側に設けられます。

 

フードコードなどが設けられます。

中2階拡大

オフィス・ホテルの中2階にはフィトネスが設けられます。

2階・3階

 

2階拡大

住宅棟の2階は住宅棟住民の共有階となり、住宅棟玄関や集会場、ラウンジ、メールコーナー、シニア住宅管理室、立体駐車場との連絡通路が設けられます。住宅棟と駐車場の間にあるのはエスカレーターですかね。

 

オフィス・ホテル棟2階にはオフィス・ホテルの共有ロビー(玄関)やテナント、フィットネスが設けられます。立体駐車場のオフィス・ホテル棟側には車寄せが設けられ、連絡通路でつながっています。

 

3階拡大

住宅棟3階にはシニア向け住宅とシニア住宅供用室が設けられます。

 

オフィス・ホテル棟3階にはパンケット(ホール)が設けられます。メインとなるバンケット1は吹き抜けとなっています。

 

4階・5階

 

4階拡大

住宅棟4階~12階はシニア向け住宅(11戸/1フロアあたり)となっており、各階似た間取りです。

 

オフィス・ホテル棟4階にはホテル後方控室が設けられます。

 

 

5階拡大

オフィス・ホテル棟の5階にはシェアオフィスが設けられます。

 

6階~9階

 

6階~8階拡大

オフィス・ホテル棟の6階~12階はオフィスフロアとなります。

9階拡大

駐車場は9階までです。

 

 

10階~13階

 

10階~12階拡大

住宅棟は12階までがシニア向け住宅になります。

 

 

13階拡大

住宅棟の12階と13階の間にはトレンチ階が設けられます。この階は設備専用の階になります。

 

オフィス・ホテル棟の13階は機械室です。

 

14階~15階

 

14階拡大

住宅棟は13階から18階までが一般向け住宅(9戸/1フロアあたり)になります。

 

オフィス・ホテル棟の14階にはホテルレストランが設けられ、一部は吹き抜けとなっています。

15階拡大

オフィス・ホテル棟の15階はホテルフロントロビーになっています。一部の床は吹き抜けになっており、14階のレストランを見下ろすことができます。

 

16階~27階

 

16階~25階拡大

住宅棟は19階から25階までが一般向け住宅(7戸/1フロアあたり)になります。

 

オフィス・ホテル棟の16階~27階はホテル客室です。

 

26階~27階拡大

住宅棟は26階から28階までが一般向け住宅(5戸/1フロアあたり)になります。

 

オフィス・ホテル棟最上階の27階には展望室は設けられません。福井県内で最も高いビルとなるのに展望設備がないのはもったいないです。

塔屋階・地下階

 

塔屋階拡大

屋上です。

 

地下階拡大

地下階です。機械室のみの階になります。

 

施設建築敷地平面図・区域図

上下水道ガスの引込み口が書かれています。

 

公共施設平面図

拡張される歩道が示されています。

 

 

以上、福井駅前三角地帯A街区再開発ビルの平面図の紹介でした。着工が楽しみです。

併せて読みたい記事

最新情報

2020年現在、福井駅前では福井県最大の再開発事業として「福井駅前三角地帯再開発事業」が進められています。ここでは駅前電車通り北地区A街区第一種市街地再開発事業、通称「三角地帯再開発A」と駅前電車通り北地区B街区第一種市街地再開発事業、通称[…]

三角地帯再開発関連記事はこちら

福井駅前再開発情報一覧へ