ジュニアグランド跡地住宅地開発工事の様子 2021.5

福井市の財政難により、民間企業に売却された屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)跡地では現在、エーシンにより宅地開発が行われています。ここでは2021年5月現在の様子を紹介します。

〇前記事は下記リンクより、廃止された福井市ジュニアグランドの現状 2021.3

前に戻る

福井市の財政難により、民間企業に売却された屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)の2021年3月現在の様子を紹介します。   〇前記事は下記リンクより、廃止が検討されている福井市ジュニアグランド[…]

ジュニアグランドについて

概要

ジュニアグランドとは福井市板垣5丁目にある屋外多目的グランドです。南郵便局の南東側、羽水高校の北側の住宅地内にあり、約22,000m2の巨大な敷地内には少年ソフトボール(4面)、少年野球(4面)、少年サッカー(2面)が設けられています。1988年に区画整理事業により建設され、当初は多くの利用がありましたが、メイン利用者の少年ソフトボールの競技人口の減少や福井市内に新たなスポーツ施設ができたことから、現在は利用者が固定化しており、広域の市民を対象とした当該施設の公的や役割が薄れていました。

そのような現状で、福井市の財政難に伴う市有財産の整理の中で当グランドを廃止、2020年9月に住宅設計施工や不動産のエーシンに11億5658万円で売却されました。跡地は注文住宅80軒分の分譲地として整備されます。

 

場所

 

配置図

北西にトイレ、北側に駐車場、東側に国旗掲揚塔、4角にネットがありました。

 

分譲地の図

道路が整備され、1期分譲として南側37区画が販売されています。

 

 

現在の様子

2021年5月23日の様子です。道路整備のための杭が打たれ、重機が置かれていました。

北東角付近

新しい分譲地の入り口となる場所です。

 

分譲地案内の看板が立っていました。

 

土地の販売価格は一坪24.5万円からです。木田地区は市内でも人気の地区なので強気の値段設定ですね。ちなみに、私の家がある乾徳3丁目だと一坪18万円ほどなので都心部周辺より高いです。

 

工事看板、「ジュニアグランド跡地住宅地開発工事」という工事名です。

 

看板の右側からです。

 

このあたりにはモデルハウスが先行して4棟建設されます。

 

道路が整備される場所には杭が打たれています。

 

東側

現場事務所と工事ヤード入り口が設置されています。

 

分譲地図を見るとポンプ小屋がある辺りは残るみたいです。公園用地でしょうか。

 

南東角付近

この辺りの分譲地はすでに売約済です。

 

南西角(羽水高校前)付近

土が盛られています。トラロープが設置されました。

 

 

この交差点に分譲地内の歩行者専用道が取りつきます。

 

北西角付近

せっかくの市街地内の広大な敷地を普通の宅地分譲地にするのはもったいないです。他の業者だとマンションや商業施設、パークアベニューみのり(大和紡績跡地)みたいな統一した景観の住宅地にする案もあったみたいです。

 

以上、ジュニアグランド跡地住宅地開発工事の様子 2021.5でした。

〇続き記事は下記リンクより、ジュニアグランド跡地住宅地開発工事の様子 2021.7【エーシンガーデン板垣】

次に進む

屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)跡地では現在「エーシンガーデン板垣」として宅地分譲地として整備されています。ここでは2021年7月現在の様子を紹介します。 〇前記事は下記リンクより、ジュニアグランド跡地住[…]

〇前記事は下記リンクより、廃止された福井市ジュニアグランドの現状 2021.3

前に戻る

福井市の財政難により、民間企業に売却された屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」(福井市板垣5丁目)の2021年3月現在の様子を紹介します。   〇前記事は下記リンクより、廃止が検討されている福井市ジュニアグランド[…]

開発ミニレポ