旧福井駅舎のタイルは駅前の施設で保存されています

旧福井駅舎は2005年4月18日の北陸本線高架化による新駅舎開業に伴い、解体されました。その後、東西駅前広場や周辺の再開発に併せ、この15年で福井駅東西の街並みはがらっと変わりました。2023年の北陸新幹線開業に向けて、現在も再開発計画が目白押しで、毎月のように古い建物が解体され、跡地にはタワークレーンが連立しています。

戦後から半世紀にわたり福井の顔だった3階建て旧福井駅舎はすでに過去の存在となっていると思いきや、別件で「福井駅連続立体交差事業 事業誌」を読んでいたら驚くべき記述を見つけました。それは「旧福井駅舎のタイル(15cm×30cm)は福井駅前交番所の壁に再利用されている」です。なんということでしょう。旧福井駅舎の備品や看板などは福井県立歴史博物館に保管されていることは知っていましたが、まさかタイルが残されているとは思いもしませんでした。

というわけでさっそく取材してきました。

福井県立歴史博物館は福井県内の鉄道資料を最も多く所蔵している博物館で、定期的に鉄道展を開いています。ここ数年はやっていないな。

 

高志の民
いつか歴史博物館で鉄道模型のイベントやりたいなぁ~(などと

福井駅前交番

2020年9月上旬、駅前交番にきました。現在の交番の建物は西口駅前広場の整備に併せ建設されました。3階建ての外観は白色にまとめられ、不規則に明り取りの丸窓が配置されています。建物前にはシンボルツリーとしてエゴノキが植えられています。公共建築物ですがモダンなデザインとなっており、駅前のランドマークとなっています。

 

旧駅舎のタイルは受付カウンター上部の吹き抜け2階の壁に設置されていました。タイルはガラスブロックであるため、2階のプライベートゾーンの明り取りとして利用されています。

こんなところに旧駅舎の面影が残されていたのですね。この事実は福井の鉄道マニアの間でも知られていないと思います。町の記憶が後世に伝わるよう、ちゃんと残してくれたら関係者には敬意を払いたいです。

このタイルが旧駅舎のどこで使われていたのかまではわからないです。私のあてにならない記憶によると1階北側トイレ付近のような気がしますが自信はないです。誰か知っていたらコメント等で教えてください。

 

以上、保存された旧福井駅舎のタイルでした。

 

併せて読みたい記事です

〇福井駅地下道の現役時代の姿、福井駅前の失われた風景の一部です。

関連記事

福井駅が地上にあった頃、線路の壁で分断された駅の東西を行き来する歩行者の便を図るための地下道がありました。2005年4月に福井駅が高架化し、東西交通が接続されると地下道は役割を終えました。ここでは廃止直前の福井駅地下道の様子を紹介します。 […]

福井思い出建築物TOPへ