【大名町地下道工事記録1-2】大名町地下道が一時封鎖されます(後編) 2021.9

繊協ビルの建替え工事に伴い、大名町地下道がしばらく封鎖されることになりました。大名町地下道の一部は旧繊協ビルの地下1階と施設を共有しており、旧繊協ビルが2021年9月より解体されることから、地下道の一部と出入口が使えなくなります。ここでは大名町地下道の2021年9月現在の様子について紹介します。後編。

〇前記事は下記リンクより、大名町地下道が一時封鎖されます(前編) 2021.9

前に戻る

繊協ビルの建替え工事に伴い、大名町地下道が2023年秋頃しばらく封鎖されることになりました。大名町地下道の一部は旧繊協ビルの地下1階と施設を共有しており、旧繊協ビルが2021年9月より解体されることから、地下道の一部と出入口が使えなくなりま[…]

大名町地下道とは

概要

大名町交差点地下をL字に結ぶ地下道は2つの地下道で成り立っています。北陸銀行前と繊協ビル前をつなぐ南北の「中央地下道」、福井銀行前と繊協ビルをつなぐ東西の「大名町地下道」。2つの地下道は元々別々に建設されましたが、2003年に地下道のリニューアル工事が行われ、繊協ビルの地下空間を利用し、連結されました。これにより、両地下道から直接繊協ビルの地下街やエレベーターが利用できるようになり、フェニックス通り側(繊協ビル西側)の歩道幅員拡幅と地下道のバリアフリー化が達成されました。

今回の建替えで旧繊協ビルが解体されるため、繊協ビル地下空間の利用できなくなります。繊協ビルの地下空間を避けて、両地下道を接続させるには大名町交差点の直下を約50m新たに掘る必要がありますが、その場所には上下水道の重要管路、通信や電力の基幹管路、共同溝などが埋設されているため、掘ることはできません。そこで現在、新しく建設されるビル(ホテル棟or駐車場棟)内のエレベーターと階段を利用して、大名町地下道の接続を繊協ビル側と協議を行っています。

(令和 2年 9月17日 予算特別委員会議事録より)

両地下道は分断

新しく建設されるビルには地下階設置の計画はなく、大名町交差点の下は掘ることができないことから、両地下道は20年ぶりに再度分断されます。上の議事録を見るとあくまでもフェニックス通り側(繊協ビル西側)の歩道幅員を確保しつつ、バリアフリー化を含めた大名町地下道の昇降機能を確保するとしか書かれておらず、両地下道の接続については書いてありません。

 

新しい繊協ビル全体の完成予想図を見ると大名町地下道の繊協ビル側にはちょうど駐車場棟のエレベーター&階段室が設置されることからこの場所に接続されるのはでないかと推測しています。中央地下道の繊協ビル側の中央大通りの歩道は十分な歩道幅員があるため、バリアフリー維持のためのエレベーターを新設する空間的余裕があります。

追記:2021年9月6日の報道によれば、今回の推測とおり、両地下道は分断され、大名町地下道の東側入口は駐車場棟の南西角に設置されるエレベーター&階段室に設けられることになりました。そこまでの約10mの地下道の延長工事は福井市で行います。

 

地下道平面図

繊協ビルの敷地内が使えなくなります。

 

現在の様子

2021年9月4日の様子です。

東側入口

東側(繊協ビル側)入り口です。

 

 

右の階段を上ると直接地上に出れます。

 

地上から地下を見ます。

 

 

繊協ビル入り口の左側の地下道入り口があります。

 

この歩道上に20年前まで大名町地下道入り口がありました。

 

東側(福井銀行側)入り口を見ます。

 

夜間はこんな感じです。

 

繊協ビル内

それでは地下に戻り、繊協ビル内に入っていきます。

 

入って左側には地下街があり、かつては飲食店が並んでいました。

 

前の写真の反対側

 

案内板拡大

 

繊協ビル内から見た大名町地下道です。

 

くねくねしているビル内通路です。この先にビルのエレベーター、その先に中央地下道につながります。

 

ちなみに夜間は地下街のシャッターが下ろされます。

 

 

通路を進みます。

 

繊協ビル南側のエレベーターホールです。2020年2月までは奥の扉の先に繊協ビルの地下駐車場がありました。

 

かつてのテナントスペース、最近までは展示スペースとして使われていました。右側が中央地下道です。

 

左側が中央地下道です。

 

広告拡大

 

 

大名町地下道・地下街方面です。

 

中央地下道内部

中央地下道から見た繊協ビルです。

 

中央地下道に進みます。

 

中央地下道に入ると左に曲がります。この写真は曲がり地点から繊協ビル側を見ました。

 

曲がり地点から中央地下道本線側を見ました。

 

曲がり地点の壁には予告看板が用意されています。

 

中央地下道本線から見た繊協ビルにつながる支線です。この先が上の曲がり地点で、右に曲がると繊協ビルに至ります。

この先の曲がり地点、丁字路に見えるので子供の頃、つきあたりの壁の奥に秘密の地下道が続いていると思っていました。

 

通行止めを知らせる予告看板

 

中央地下道北側入り口付近です。繊協ビル西側歩道が通行できなくなると予告看板が貼られています。

 

現在地

 

以上、大名町地下道が一時封鎖されます(後編) 2021.9でした。次に通行できるようになるのは2年後です。繊協ビル工事に併せて、地下道工事の様子も紹介していこうと思います。

〇続き記事は下記リンクより、【大名町地下道工事記録2】(2021.9)封鎖開始

次に進む

福井市都心にある大名町地下道は繊協ビル建替え工事に伴い、2021年9月6日から2023年秋頃まで封鎖されることになりました。ここでは工事の概要と2021年9月現在の様子について紹介します。 〇前記事は下記リンクより、大名町地下道が一時[…]

〇前記事は下記リンクより、大名町地下道が一時封鎖されます(前編) 2021.9

前に戻る

繊協ビルの建替え工事に伴い、大名町地下道が2023年秋頃しばらく封鎖されることになりました。大名町地下道の一部は旧繊協ビルの地下1階と施設を共有しており、旧繊協ビルが2021年9月より解体されることから、地下道の一部と出入口が使えなくなりま[…]

併せて読みたい記事

〇新繊協ビルのまとめページです。

最新情報

ここでは福井県繊協ビル建替工事の新情報を時系列で紹介しています。新しい情報が出る毎に追記します。 工事記録 工事開始前 建替え工事開始直前に撮影した繊協ビルの姿です。※1は未作成です。 2020年2月中旬 〇福井県繊協ビルの建替え[…]

関連記事

福井県繊協ビルは建替え工事の一期工事としてオフィス棟(業務棟)の建設が進められ、2021年8月2日に竣工しました。竣工後、旧ビルから新ビルへの引っ越しが行われ、2021年9月5日をもって旧ビルは解体のため封鎖されます。ここでは2021年9月[…]

大名町地下道関連記事はこちら

福井思い出建築物TOPへ