福井市民が楽天モバイルを使ってみた

何かと福井ケーブルテレビ案件で福井県民に話題の楽天モバイルですが現在各種キャンペーンをやっているため、試しに契約してみました。福井市民が楽天モバイルを使ってみた感想を実体験から紹介します。

楽天モバイルを契約した経緯

私のメイン回線はドコモの3G、スマホのデータ回線はDMMでZenFone Max Pro (M2)を2019年6月から使っているのですが2021年2月にスマホを鞄に入れていたら液晶が割れてしまい液漏れが発生、修理には2万5千円かかるため、新しいスマホを購入することを決めました。ZenFone2020かOPPO Reno3 Aで悩んだ結果、OPPO Reno3 Aを購入することにしましたが、普通に購入すると4万円弱かかります。そこで、目を付けたのが楽天のキャンペーンです。楽天モバイルを2021年4月7日まで新規加入すると1年間プラン料金が無料になり、その後の回線使用料も使わなければお金がほとんどかからない料金プランとなっています。OPPO Reno3 Aを楽天モバイルで購入すると25000円分のポイントがつき、実質14800円で購入できます。契約を検討した2021年3月上旬当時は、複数のキャンペーンをやっていたため、試してみる気持ちで楽天モバイルを契約しました。

 

 

楽天モバイルのエリア

2021年3月現在の楽天モバイルの福井市内の通信エリア図です。福井市街地と周辺の平野部は楽天モバイル、それ以外はパートナー回線(au回線)が使えます。楽天モバイルエリア内ではデータ使用量無制限ですが、パートナー回線(au回線)内は高速通信は5GB/月までの制限があります。制限達成後も最大1Mbpsが使えるため、SUSやyoutube、webニュースは問題なく使えます。

 

このエリアはどんどん増えていき、2021年夏には福井平野全体と奥越にも広がります。

 

料金プラン

楽天モバイルの2021年4月からの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」です。月の使用量が1GBまでなら0円になります。20GB以降はどんだけ使っても料金んは定額です。

 

楽天モバイルを契約した理由

・2021年4月7日まで新規加入すると1年間プラン料金が無料になる。

・2021年4月から適用される新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」では使用データ量に応じて料金が変わる。

・私のデータ使用量(約10GB/月)では3社(ドコモ、au、ソフロバンク)の格安料金プランと比較したら楽天が安かった。

・いつでも0円で解約できる。

・楽天モバイルエリア外ではパートナー回線としてau回線が使える。

・2021年3月上旬時点では各種キャンペーンをやっており、お得に契約できる。

・欲しいスマホが安く手に入る。

・こういうことに詳しい友人の勧め。

 

念のためDMM回線(実質ドコモ回線)は最低料金プランにして生かします。

 

契約完了後

web上で契約すると2日後にダンボールが送られてきました。

 

中身は新しい端末、SIMカード、マニュアルです。

 

OPPO Reno3 Aの箱の中身です。スマホ本体と充電ケーブル、充電器、イヤホン、カバーがついています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPPO Reno3 A+Rakuten UN-LIMIT Vプランセット
価格:39800円(税込、送料無料) (2021/3/11時点)

楽天で購入

 

 

 

SIMカードはnanoSIM、microSIM、標準SIMそれぞれ対応しています。OPPOはeSIMにも対応していましたがSIMカード入れ替えのことを考えて通常のSIMを選択しました。

 

福井市内の楽天回線速度

お待たせしました。それでは本題の楽天回線の速度比較です。平日に測定しました。

朝8時半に福井駅前のオフィスビル内

平日朝8時半に福井駅前のオフィスビル内で下りの速度を測定しました。上の画像の左側はDMM回線(ドコモ)で16Mbps、右側は楽天回線で12Mbpsです。そこまで速度差はありません。

ちなみにLINEやツイッターなどのSUSをするなら1Mbps、youtubeを見るなら3~10Mbpsあると快適に操作できます。オンラインゲームをするならもう少し必要ですが、ストレスなく通常の使用をするのであれば10Mbps以上といわれています。

 

朝9時半に美山駅

楽天回線はパートナー回線になる美山駅前で測定しました。上の画像の左側はDMM回線(ドコモ)で41Mbps、右側は楽天回線で28Mbpsです。DMM回線の方が早いです。

 

11時に越前東郷駅前

こういう風に2つのスマホを置いて、同時に速度を測定しています。

 

越前東郷駅前は楽天回線エリアの端っこです。上の画像の左側はDMM回線(ドコモ)で16Mbps、右側は楽天回線で7.4Mbpsです。楽天回線はDMMの半分以下となっています。

 

昼12時に福井駅前のオフィスビル内

一番回線が混み合う昼時です。上の画像の左側はDMM回線(ドコモ)で1.2Mbps、右側は楽天回線で14Mbpsです。DMM回線の速度が大きく落ち込んでいます。

 

昼12時半に福井駅前のオフィスビル内

12時半頃になるとDMM回線(ドコモ)で0.4Mbps、右側は楽天回線で8.8MbpsとDMM回線が大きく落ち込みました。普段からこの時間はツイッターの画像を読み込みが遅いなと思っていましたがここまで下がっていたとは、楽天回線ではツイッターも通常とおりストレスなく使用できます。

 

夜22時に片町

夜22時に片町のオフィスで計測するとDMM回線(ドコモ)で32Mbps、右側は楽天回線で20Mbpsです。

キャンペーンLP ※期間中限定

楽天回線は安定している

時間帯ごとに計測してみた結果、楽天回線はどの時間帯も安定しており、パートナー回線でも十分な速度がでています。特にツイッターランドの住民として、お昼の時間帯に快適に使用できたため、ありがたかったです。レビューを見ると時々圏外になるとありますが今のところ圏外になったことはありません。今のところ、福井市内では満足に使用できます。

今後も継続して使用していき、随時感想を加筆していこうと思います。



雑記記事一覧