【チラムネ聖地巡礼⑩】5巻(3~4章)登場地紹介 【千歳くんはラムネ瓶のなか】

福井市が舞台となっているライトノベル「千歳くんはラムネ瓶のなか」(チラムネ)原作5巻の1~2章に登場した場所を紹介します。場所を特定し、実際に聖地巡礼(2022年2~5月)をしてきました。ネタバレも含みますので未読の人は注意してください。

〇前記事は下記リンクより、【チラムネ聖地巡礼⑨】5巻(1~2章)登場地紹介 【千歳くんはラムネ瓶のなか】

前に戻る

福井市が舞台となっているライトノベル「千歳くんはラムネ瓶のなか」(チラムネ)原作5巻の1~2章に登場した場所を紹介します。場所を特定し、実際に聖地巡礼(2022年2~5月)をしてきました。ネタバレも含みますので未読の人は注意してください。 […]

5巻3~4章の主な登場地

5巻は「夕湖編」です。3章~4章では三国での勉強合宿がメインとなっています。4章で事件がおき、6巻に続きます。

書籍ページ 登場場所
夕湖編3章 238 休暇村越前三国
240 ホテル部屋
248 ホテルロビー
253 ホテルの温泉
292 二の浜海岸遊歩道
295 ホテルの売店
300 街灯のない道
303 崎漁港
314 三国サンセットビーチ
366 キャンプ場、バーベキュー
385 三角形の小さな屋根、ベンチ
夕湖編4章 396 藤島高校
424 城東公園
426 荒川遊歩道

3章

3章「波の向こうの切り取り線」では三国へ夏季勉強合宿しにいき、海水浴やバーベキューを楽しみます。

休暇村越前三国

書籍版P238。千歳達御一行を乗せたバスは学校正門を出発し、芦原街道を北上、東尋坊前を通り、三国にある「休養宿 越前海岸」こと「休暇村越前三国」に向かいます。

芦原街道(県道5号)→県道20号→県道106号→県道226号→県道7号を通ったのはでないかと推測。

 

ホテルの客室は全室オーシャービューとなっており、日本海を一望できます。

 

ホテルの敷地内にはプールやキャンプサイト、隣には海浜自然公園があります。三国のサンセットビートまで車で10分もかかりません。

 

玄関側ホテル外観です。

 

それでは中に入ります。

館内の撮影はホテルの人に許可を得ました。

ホテル部屋

書籍版P240。蔵センから部屋の鍵を受け取り、各部屋に行きます。

千歳達は部屋がある3階までエレベーターで上がります。

 

3階のフロア図です。

 

3階廊下

 

女子部屋の309号室

 

男子部屋の301号室

ホテルの人に確認したら、部屋指定で泊まることができます。いつか301号室に泊まってみたいな。

 

2階からですが、こんな感じで海が見えます。

 

広間

書籍版P244。部屋を出た朔達は広間に向かいます。勉強場所として利用できる部屋は自室以外に3か所あり、大広間、会議室、レストランです。

2階のフロアマップです。勉強場所は2階にあります。

 

大広間です。取材時はパーテンションで区切られていましたが、このサイズの部屋が4部屋並んでいます。

 

2階の端にある会議室、2部屋あります。今は使っていないそうです。

 

2階にあるレストランです。作中では朝食会場や勉強としても登場します。書籍版P287、電子版P206では朔と明日風が窓際の席で勉強デートします。

 

ランチは誰でも利用できます。

 

ホテルロビー

書籍版P248。広間での勉強につかれた朔は1階ロビーに降ります。

ロビー全景です。

 

自販機は風呂場の前にありました。

 

朔は自販機で缶コーヒーを買い、ロビーの椅子に腰かけます。

 

小さなテーブルを挟んで反対側に奥野先輩が座ったという記述から4人がけの席に朔は座ったのでしょう。

 

温泉

書籍版P253。合宿初日の夕飯後、朔達は温泉につかります。

温泉は1階にあります。昼前後は600円で日帰り入浴ができます。

 

浴室内部は撮影禁止なので、画像は公式サイト(https://www.qkamura.or.jp/echizen/hotspring/)より引用。朔は露天風呂で物思いにふけます。

 

二の浜海岸遊歩道

書籍版P292。夏勉2日目、朔と明日風は海岸線の遊歩道を散歩します。ホテル最寄りの二の浜海岸遊歩道と推測しました。

 

この先は崎漁港まで続いています。

ホテルの売店

書籍版P295。海沿いの遊歩道を散歩後ホテルに戻った朔は夕湖に呼び止められ、一緒にホテルの売店に入り、お土産を購入します。

ロビーの一角に売店があります。

 

夕湖が母親へのお土産に選んだ三国名物のもみわかめです。

 

キーホルダーコーナーです。

 

恐竜のキーホルダーありましたが「ジュラチック」ではないです。ご当地キティちゃんは今は置いてなく、パズルのピースをかたどった革のキーホルダーは取り扱いないとのことです。

 

街灯のない道

書籍版P300。2日目の夜、朔と陽は海沿いにランニングに出かけます。

ホテル敷地内の道路には街灯が等間隔で設置されています。

 

街灯のほとんどない道は県道を指していると推測しました。

崎漁港

書籍版P303。県道を150mほど北上すると崎漁港へ続く脇道があります。

脇道入り口です。

 

緩い下り坂の突き当りに墓場があります。

 

墓場を抜けると崎漁港につきます。

 

小型の漁船がぷかぷか浮いています。

 

朔達が座ろうとした防波堤です。いちよ街灯はあります。

 

漁港の横に砂浜があります。ここで陽は告白します。

 三国サンセットビーチ

書籍版P303。3日目の昼、千歳達は三国サンセットビーチに行きます。

三国で海水浴と言えばここです。ここはグラスリップの聖地でもあります。

 

砂浜です。冬なので海の家は当然ないです。

 

日本海です。

 

バーベキュー

書籍版P366。海水浴を終え、ホテルに戻るとバーベキューに行きます。

敷地内にオートキャンプ場があり、ここでバーベキューが行われたと思われます。

 

備え付けのコンロがあります。

 

 

朔が駆け込んだキャンプ場の管理事務所にあるトイレです。

三角形の小さな屋根

書籍版P385。バーベキュー後、朔と夕湖がお話をしたベンチです。

三角形の小さな屋根とそれに続くベンチです。

 

朔と夕湖が座ったベンチです。

以上、3章でした。合宿だけあって登場地が多かったです。次は「転」の4章です。

4章

4章「夕暮れの湖」では合宿を終え、学校に戻ってきたところで事件がおきます。3章までの夏休みのウキウキからの4章の転落の差はすさまじいです。

藤島高校

書籍版P386。合宿を終え、バスが学校前に到着しました。

バスを降りた千歳達は夕湖の誘いで教室に向かいます。そこで事件が起きます。

城東公園

書籍版P424。学校を飛び出した朔が向かった公園です。具体的な公園名の表記はないですが、「学校の近く、大通りから外れている、水道がある、いつもの河川敷の近く」という表記から城東公園と推測しました。

城東公園です。住宅街の中にあるため、一時避難先としては最適です。

 

朔がうずくまっていただろうベンチです。

 

顔を洗った水道です。鏡はありませんでした。

荒川遊歩道

書籍版P426。一人歩く朔に優空が追い付きます。

優空のアルトッサクスのメロウな音色が響き、5巻が終わります。

6巻に続く。

 

〇続き記事は下記リンクより、【チラムネ聖地巡礼⑪】6巻(5~6章)登場地紹介 【千歳くんはラムネ瓶のなか】

次に進む

福井市が舞台となっているライトノベル「千歳くんはラムネ瓶のなか」(チラムネ)原作6巻の5~6章に登場した場所を紹介します。場所を特定し、実際に聖地巡礼(2022年2~5月)をしてきました。ネタバレも含みますので未読の人は注意してください。 […]

〇前記事は下記リンクより、【チラムネ聖地巡礼⑨】5巻(1~2章)登場地紹介 【千歳くんはラムネ瓶のなか】

前に戻る

福井市が舞台となっているライトノベル「千歳くんはラムネ瓶のなか」(チラムネ)原作5巻の1~2章に登場した場所を紹介します。場所を特定し、実際に聖地巡礼(2022年2~5月)をしてきました。ネタバレも含みますので未読の人は注意してください。 […]

あわせて読みたい記事です

〇【チラムネ聖地巡礼①】1巻(1~3章)登場地紹介 【千歳くんはラムネ瓶のなか】

聖地巡礼

福井市が舞台となっているライトノベル「千歳くんはラムネ瓶のなか」(チラムネ)原作1巻に登場した場所を紹介します。場所を特定し、実際に聖地巡礼(舞台探索)をしてきました。ネタバレも含みますので未読の人は注意してください。1巻で登場する場所は全[…]

 

チラムネ関連記事はこちら