福井駅前三角地帯再開発の事業決定がされました

2019年3月6日開催の第36回福井市都市計画審議会において福井駅前三角地帯再開発(駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業)の決定がなされ、その資料が2019年3月20日に福井市のサイトで公開されました。ここでは、公開された資料を元に、どのような都市計画決定がなされたかを紹介します。

再開発事業の内容

三角地帯再開発全体(A街区、B街区併せて)の決定事項です。表や画像、文章は資料から引用しています。引用先はこちら

決定内容

・名称:福井駅前電車通り北地区第一種市街地再開発事業

・施工区域面積:約1.9ha

・公共施設の配置及び規模

道路 種別 名称 幅員 延長 備考
幹線道路 3・1・13福井駅前線(中央通り) 44.0m 約340m 整備済
幹線道路 3・4・14福井駅豊島上町線(ハピリン前の通り) 20.0m 約40m 整備済
区画街路 市道中央1-330号線(電車通り) 22.0m 約320m 整備済
区画街路 市道中央1-333号線(勝木書店前の歩道) 7.5m 約20m 整備済
公園及び緑地 種別 名称 幅員 延長 備考
なし なし なし なし なし
下水道 公共下水道区域内
その他公共施設 種別 名称 幅員 延長 備考
なし なし なし なし なし

 

・建築物の整備に関する計画

街区番号 備考
A街区

 

建築面積 約5,000m2

延べ面積 約67,000m2

敷地面積に対する

建築面積の割合  約8.2/10

建築物の延床面積の割合 約82/10

主要用途

商業施設、業務施設、住宅、ホテル、駐車場

都市再生特別地区の制限内容

容積率の最高限度 85/10

容積率の最低限度 20/10

建蔽率の最高限度 7/10

建築面積の最低限度 200m2以上

高さの最高限度 130m

 

B街区 建築面積 約980m2

延べ面積 約4,400m2

敷地面積に対する

建築面積の割合  約8.7/10

建築物の延床面積の割合 約37/10

主要用途

商業施設、住宅、医療・福祉施設

都市再生特別地区の制限内容

容積率の最高限度 60/10

容積率の最低限度 20/10

建蔽率の最高限度 7/10

建築面積の最低限度 200m2以上

高さの最高限度 35m

 

・建築敷地の整備に関する計画

街区番号 建築敷地面積 整備計画
A街区 約6,000m2 市道1-330号線沿いに、1階の壁面を2m後退させて空地を設け、 歩行者空間として一体的に整備を行う。
B街区 約1,100m2 市道1-330号線沿いに、1階の壁面を1m後退させて空地を設け、 歩行者空間として一体的に整備を行う。

 

決定図案①

再開発事業の決定図案です。

 

決定図案②

再開発エリアを含む、街区全体の決定図案です。このエリアには加藤ビルも含みます。

この図案で広場や歩行者用通路の位置がわかります。また、A街区では2m、B街区では1m電車通りに面している壁がセットバックし、その分だけ歩道が広がります。

 

 

決定理由(要約)

・当該地区は福井市都市計画マスタープランにおいて、広域商業・業務ゾーンに位置づけられており、都市型サービス産業を中心とした中枢的な業務、商業、文化、情報発信、コンベンションなどの高次都市機能の集積を目指している。

・2023年春の北陸新幹線を見越し、日本海側の拠点として役割を果たすために、民間都市開発を最大限活用した都市の活性化を目指している。

・福井震災後に建築された古い建築物を更新し、土地利用の効率化を図る。

 

 

2019年11月現在、100m級のツイタワーの超高層ビルが建つことが発表されました。ついに福井市にも100m超えの超高層ビルが登場します。

この街区で今後どんな街になるか楽しみです。