北陸本線半田踏切地下化工事状況 2019.5

福井市半田町、大土呂駅南側にある半田踏切では現在立体交差化(アンダーパス)する工事が行われています。ここでは2019年5月現在の工事の状況を紹介します。

工事概要

・箇  所:福井市大土呂町~福井市半田町

・道 路 名:主要地方道清水美山線

・計画延長:1,300m

・計画幅員:10.25m(2車線)

・主要構造物:踏切立体交差 1か所

・工事期間:2016年~2022年(予定)

・整備目的:半田踏切前後は幅員狭小、線形不良で円滑な交通なネックとなっているため、それの解消。

・図面

福井県サイトより引用

・計画平面図(現場に掲示されていた看板より)

現県道の南側に地下道を建設し、現県道は側道化されます。地下道両側には側道が設置され、地下道上でUターンできるようになります。

工事場所

半田踏切は大土呂駅の南側にあります。

 

現在の様子(2019.5)

国道8号側では道路拡幅工事が行われています。線路下では掘削工事が行われています。

国道8号側(西側)

国道8号側では道路拡幅及び歩道整備工事が進めれています。

・現道

 

 

 

 

道路の拡幅工事が進められています。歩道は北側に整備されます。

 

 

この2棟の建物は側道整備により今後取り壊されます。

・工事部

 

 

踏切部(現道)

国道8号側

 

高速道路側

 

福井方面(大土呂駅側)

 

敦賀方面

高速道路側(東側)

高速道路側の現道拡幅は完成しています。

・現道

現踏切内及びその前後では車の擦れ違いはぎりぎりです。

 

 

 

 

 

・工事部

 

 

3年後の完成が楽しみです。